トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

道満オフとブラジル・セッション

昨日は、珍しく早起きして、Fサイクルの名物オフ会、道満オフに行ってきた。

現地集合なので、時間は適当でいいのだが、一応集合時間の11時に合わせて、自宅を出発。四ツ木橋までは順調だった。しかし、そこから荒川のサイクリングロードに降りると・・・なんちゅー向かい風だ!北風ぴゅーぴゅーで、自転車がぜんぜん進まない。荒川に出てしまえば、時速20キロで1時間、と読んでいたのに、これじゃ何時につくことやら・・・いや、俺は道満までたどり着けるのくゎ?

気を取り直して、とりあえず岩淵水門までは行ってみて、ダメそうだったらそこで鍋をやって帰ってくるか?などと考えながら、じたばたと強風と闘う。スピードが出ないので、周囲の景色はのんびりと眺められる。晴れ渡った青空、遠くに霞む奥多摩・奥武蔵の山々。堤防の上に上がれば、富士山も見える。気分は最高だ・・・風が無ければ!

ずっと右岸を走っていき、幸魂橋で左岸に渡ろうと思っていたのだが、サイクリング・ロードと橋が繋がっていない。しかも、サイクリングロードから街に下りる場所も、よくわからない。そのまま進むうちにずいぶん走ってしまったので、あきらめて次の秋ヶ瀬橋でわたる羽目になり、橋ひとつ分、余計に風との闘いを強いられてしまった。

そんなこんなで、結局道満には予定を1時間もオーバーして到着。当然、みなさん先にのろしを上げている。のろしを上げる、とは、お外で火器を使って食事を作ること。われわれ自転車仲間の一部で使われるスラングだ。自転車に登山などで使う小さなガス・バーナーを積んで行き、外で温かい食事をとる。これがこの時期最高に美味い。

Fサイクルのオフには、走り主体のオフと食べ物主体のオフがあるのだが、この道満オフは、後者。たこ焼き&お好み焼き、焼きハム、玉コンニャク、中華風鍋、豆乳鍋など、いろいろな出し物が登場。自分は、地鶏の水炊きで参戦だ。沸かしたお湯にお酒を少々、先に地鶏を入れ、しばらく煮たら白菜、長ねぎ、しいたけなどを入れるだけの簡単レシピ。ポン酢で食べればばっちりだ。最後はもちろん雑炊ね。
mizutaki
↑地鶏がちゃんと見えるように写せばよかった。左下のほうにかすかに写っているのだが・・・。これだと白菜ねぎ鍋みたいで、貧相だよね。(笑)

自分も味わいつつ、みなさんにおすそ分けしつつ、楽しい宴が繰り広げられたのだった。自転車系のイベントは久々だったので、久々の自転車談義に、「BBってなんだっけ?」と言う状態だったが、それはそれで新鮮だった。

帰りは追い風に乗ってバビューンと帰宅。しかし、行きに体力を消耗しきってしまい、家にたどり着いたときにはヘロヘロだった。

douman
↑写真中央は、ハムを焼くkiyonago氏と、それを狙うぐー氏&さんぽ氏。左後方は、たこ焼きが終わって今度はお好み焼きを焼くカミちゃん。

その後、国分寺まで大移動してライブハウス「クラスタ」のブラジル・セッション・デーに参加。店に着くと、先着はホストのビーグルさんのみ。さっそくカウンターでマスターと話しながら、焼酎を飲み始める。なかなか人が集まらないなー、なんて思っていたら、開始時間直前になって一気にみなさんやって来た。

みなさんの代わる代わるの演奏が始まり、今日のゲスト・山本真莉さんが登場。マーチンの000-28だろうか?鉄弦ギターでオリジナルやブラジル音楽を歌う。艶のある色っぽい声がステキだ。


んで、akikoちゃんに頼まれて自分がギターを持ったのは、飲み始めてからずいぶんたってから。もう、すっかり酔っ払っている。こんなに酔っ払っていて、「ラメント」なんて弾けるのか?いや、ダメだ。ヘロヘロだ。akikoちゃん、ごめんよー。(笑)
まあ、今日はライブってわけではないし、皆さん、笑って許してくれる。

もう一曲、マルシャの「ノイチド・ドス・マスカラードス」をakikoちゃんと演奏。その後、また別の方々の演奏があり、最後に何度か共演の経験があるアコギ・ソロ・インスト・プレイヤーの徳永澄夫さんと、デュオで「ブルー・ボッサ」を演奏。徳永さんとの演奏は、最高に心地よい。上手いギタリストは大勢いるが、いっしょにやって気持ち良いのは、徳永さんだなー。気分良く岐路につくことができた。

自転車なみなさん、ブラジルなみなさん、また一緒に遊んでね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/29

コンデ・エルマノスの弦

以前、コンデ・エルマノスのフラメンコ・ギターを弾いてみてから、こりゃ、クラシックよりサンバには合ってるんじゃないか?と思っていたので、今日は楽器屋さんをプラプラして、フラメンコ・ギターを何本か弾かせてもらった。でも、コンデほどしっくりくるモデルは無し。高いものはそれなりに良いが、値段に見合うほどとは思えなかった。あれは、フラメンコだから良かったのではなく、コンデだったから良かったのだ。
そこで、ふと、フラメンコ用の弦をクラシックに張ってみたらどうだろう?と思い、コンデのフラメンコ用の弦を買ってみた(本体は高価でなかなか手が出せないが、弦ぐらいならすぐに買える)。で、さっそく西野春平エレガットに張ってみると・・・これは良い。しゃきっとした立ち上がり、サスティーンが短く歯切れ良い鳴り、そして気になっていた中音域のこもりも無くなった。ブラボー!音量は小さいしふくよかな鳴りは望めないが、PAを通せば問題なし。サンバにぴったりの、シャキッとした歯切れ良いバチーダが決められそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい水

アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「おいしい水」。これって、お酒のことか?
新潟の親戚から、お酒を送っていただいた。越の白鳥本醸造。旧東頚城郡浦川原村の酒蔵で作られている。今年の元日をもって、周囲の町村は上越市と合併した。母の実家がある大島村も、銘酒「雪中梅」の三和村も、同じく上越市となった。

今、その「白鳥」を飲みながら、キーボードを叩いている。つまみは、シューマイと、さつま揚げとレンコンとにんじんの煮物。んまい。

今日、面白いブログを見つけた。将来が楽しみだ。
けいてぃ (KATIE) の日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

サンバはマツケン?

ココログをサンバで検索してみると、本当のサンバよりも、マツケンサンバのほうが多くて、頭が痛い。(笑)
ブラジル音楽ファンの中には、あの曲に怒り心頭の方も多いようだ。「あんなサンバでもなんでもない曲にサンバなんていうタイトルをつけるな!」ということなのだろう。でも、まあ、マツケンさんもスタッフも、本当のサンバなんかやる気は毛頭無いわけで、それをとやかく言ってもしょうがない。
それよりも、あの曲がきっかけでサンバに興味を持ち、本当のサンバに触れる人が少しでもいてくれればなぁ、と思う。サンバってなんだろう?と興味を持った人が、たまたま訪れたCD屋さんでカルトーラやベッチ・カルヴァーリョと出会い、サンバにのめりこんでくれたら、それはそれで素敵なことだ。音楽との出会いは、どんなところにあるかわからない。という自分も、数年前には、自分がサンバを演奏することになるなんて、想像すらしていなかったもんな。サンバとの出会いに、乾杯・・・今日は芋焼酎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/26

ブラジルのソーセージ

いつも一緒にライブをやっている相棒が、ブラジル人が多く住むという大泉に行ってきた。昼はレストランで、夜は知人の友人宅でブラジル料理。ギターを弾いて歌って騒いで盛り上がったという。家庭で食事をし、ギターを弾き、歌い、踊る。そんな日常は日本ではあまり見られない。ブラジル音楽の魅力といったら、やっぱり日常生活に音楽が溶け込んでいることだろう。なによりも、そこに憧れる。
で、おみやげにブラジルのソーセージをもらった。昨日はホワイトシチュー、今日は焼いて食べてみたが、スパイシーでなかなか美味い。とりあえずカルトーラでも聴きながら焼酎、いやカシャーサでも飲んで、気分だけでもブラジルにトリップするとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/25

生ギターのPA

さてさて、ブログなるものを始めてみた。よくわからんが、適当に始める。

先日、某所でのライブで、ハウリングの問題があってあまりギターの音を上げられなかった。呼ばれたところに行って弾くのがドンバの仕事。お店の音響にケチを付けても始まらない。
そこで、今日は貼りコンデンサーマイクと内蔵ピエゾのブレンドの実験をしてみた。が、結果は、貼りコンデンサーマイクだけの方が良い。やっぱり、工夫しながら貼りコンデンサーマイクを使っていこう。

とりあえずエレガット(西野春平)と貼りマイク用機材を持って行って、使えたら貼りマイク、ダメだったらリハの時間がたっぷりとれればブレンド、時間が無い時は仕方ない、内蔵ピエゾでいくか。

ギターや器材の詳しいことはWebページのGuitarsのコーナーに載っているので、興味ある方はご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2005年2月 »