« フェジョンのスープ | トップページ | 久々のレコーディング »

2005/02/14

Otodaとコルコ

2月13日
毎週、戸田公園駅前で行われているイベント「Otoda」に2度目の出演。天気予報ではかなり寒いとの予報だったが、思いのほか暖かく、特に自分たちの出番の時は西日がばっちり当たって、寒さ知らずで演奏できた。この日は珍しくスタンディングでの演奏だったのだが、やっぱりギターが揺れて弾きにくい。演奏性で考えれば座って弾いた方が良いのは明らかなのだが、音楽には見た目でアピールするという要素もあるので、その辺をどうするか。

その後、高田馬場のブラジル・ライブ・レストラン「コルコヴァド」のサンバ・セッションに参加。自分の演奏は2曲だけだったが、ふだんあまり一緒にやらない人の伴奏というのも、新鮮で楽しい。で、後半はこのあいだエスペトで教えてもらったサンバのステップの実践練習。やっぱり生演奏で踊るのは楽しいねー。そんな楽しい場を提供してくれていたコルコヴァドも、3月いっぱいで休業してしまうという。ブラジル音楽のメッカと呼ぶべき店だっただけに、残念だ。“閉店”ではなく“休業”とのことなので、復活してくれる日を、楽しみに待ちたい。

|

« フェジョンのスープ | トップページ | 久々のレコーディング »

コメント

Corcovadoの休業?驚きました。
実は初めてブラジルに行く前に、Corcovadoにお邪魔して、マスターにいろいろ話しを伺ったのです。いきなりの相談を親切にいろいろ教えていただき、今でも本当に感謝しています。もう6年も前のことですが。。。

投稿: quitandinha | 2005/02/15 10:47

自分の周りの多くのブラジル音楽ファンが、コルコの休業には、驚いています。詳しい事情は分かりませんので軽軽しいことは言えませんけど、心情的には、一日でも早い復活を望みたいものです。

投稿: たけかず | 2005/02/15 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/2931863

この記事へのトラックバック一覧です: Otodaとコルコ:

« フェジョンのスープ | トップページ | 久々のレコーディング »