« ライブでした | トップページ | 違う意味でハードな日曜 »

2005/05/23

ハードな週末

5/21・22
浅草橋のピザ屋、ボーノボーノでライブ。今回は1stステージに大高孝子、2ndステージに近藤ひさえという2人のヴォーカリストを迎え、どちらも自分が伴奏するという企画だ。

1stステージ。大高は、先週の上尾でのライブはヴォーカルだけだったが、腱鞘炎も回復し、この日はギターも数曲披露。まだまだ緊張しているようだが、歌もギターも健闘したよ、うん。最後の2曲は、遊びに来てくれた自分の友人、そして大高のギターの師匠である長澤紀仁さんをステージに引っ張り上げ、ギター2本で伴奏。長澤さんが入るとグルーヴがまるで違う。さすがだ。しかし、弾きなれない大高のギター(弦長が短い)に苦戦している模様。(笑)

2ndステージ。わりとゆったりした曲からスタート。近藤も久々のライブということで、最初は緊張しているようだったが、歌い始めると徐々にほぐれてくる。途中、叩きながら歌ったヘボロ(パーカッションの一種)も心地良かったし、直前に風邪をひいて心配された咽もなんとか回復し、声もまずまず出ていたようだ。ここでも長澤さんにステージに上がってもらう・・・が、もう店に来てから数時間、すっかり出来上がっている。(笑)今度は自分のギターを出しての演奏で、ストレス無く弾いていたようで、ご機嫌に酔っ払って、歌も飛び出していた。最後はマシュケナダ~トリステーザという王道路線で盛り上がり。店のあちこちからお客さんの歌声やパーカッションも聞こえてきて、演奏する方も楽しい。

今回、ヴォーカリストは二人とも、まだ自分とやり始めて間もないので、お互い手探りの部分がまだまだある。何度か一緒にステージに立てば、もっと良いアンサンブルをお聴かせすることが出来るだろう。
6月は12日に大高孝子と大塚エスペト・ブラジルで、18日は近藤ひさえとまたボーノボーノでやります。みなさま、よろしくお願いします。

で、その後、浅草に流れて、結局朝まで飲み。朝がた、三社祭の宮出しを控えて静まり返る浅草寺に。境内は規制で入れなかったが、門の外からお参り。家に帰ってひと寝入りし、今度は半纏に着替えて三社祭に出陣。このところ腰痛で、かつげるかどうか不安だったのだが、いざかついでみると、全然問題なし。子供の頃からほとんど毎年かついでいるだけあって、体がちゃんとした腰の使い方を知っているようだ。とは言っても、無理すると後が怖いので、早めに切り上げた。

夜は、瑞江のHOTコロッケという店で、サンバ界の大御所・加々美淳さんと生徒さんたちによるライブに。よく一緒にやっている鈴木弘美さんをはじめ、サンバ仲間に加々美さんの弟子が多いのだ。加々美さんのギターをバックに、まずはこの日のメインの3人が歌う。その後、他の生徒さんたちも代わる代わる登場。生徒さん以外の飛び入りもあり、加々美さん大忙し。こりゃー、普通のライブより大変そうだ。最後は加々美さんのノリノリの弾き語りで締め。みんな、楽しそうだったねー。

土曜から日曜の夜まで、ひさびさにけっこうハードな2日間であった。でも、まだまだ遊ぶ体力はあるな、自分。(笑)

|

« ライブでした | トップページ | 違う意味でハードな日曜 »

コメント

大ヨパライのワタシを許してね〜。目の前に置いてあったMD(メンバーの方達が録音していたんですよねぇ)に気がついて、
「やっべぇ〜」と思ったときには歌ってました…とほほ。

投稿: じんじん | 2005/05/26 22:46

いやー、面白かったっすよー、演奏も、その後の飲みも。
どこまで覚えているかは知らないけど。(笑)

投稿: たけかず | 2005/05/26 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/4253957

この記事へのトラックバック一覧です: ハードな週末:

« ライブでした | トップページ | 違う意味でハードな日曜 »