« テッポー | トップページ | ダメダメ »

2005/06/11

うち入り

最近、自転車&飲み仲間の間で流行っている“うち入り”。
なんのことはない、立石にあるもつ焼きの名店、“宇ち多”に行くことなのだが、自分の感覚としては、もつ焼きなんて、わざわざ電車に乗ってまで食いに行くもんじゃない、と常日頃から思っていて、これまで足を運んだことは無かった。

で、昨日、なんとなく気が向いたので、初めて宇ち多に行ってみたわけだ。立石の商店街を入ってすぐのところに、宇ち多の暖簾は揺れていた。平日でも午後2時の開店から並ぶとの評判だったが、この日は小雨模様だったためか、並んではいない。とはいっても、店内はいっぱい。一人で行ったので、学生風のグループにちょっとつめてもらっての着席となった。昼間から酔っ払ってふらふらしているようなダメダメなおやじばかりかと思いきや、若い世代も結構多く、老若混ぜた客たちで店内はにぎわっている。

ほとんどの客が頼むという梅割は、グラスになみなみと注いだ焼酎に、ちょっと梅シロップをたらすだけ。ほとんど焼酎ストレートと変わらないわけで、こりゃー効くわい。もつ焼き、もつ煮も美味い。
梅割×3、サイダー×1、
シンキ(テッポー、レバ生)、タン生、シロ塩、レバ塩、煮込み
で、1530円。安い!
生ものは新鮮だし、シロやレバーもジューシーで美味い。
どの店が一番美味いか、というのは、好みもあるので色々だが、この値段でこのクオリティのもつが食えるとは、素晴らしい。さすが、東京下町界隈でもつ焼きといえば宇ち多、とすぐに名前が出てくる有名店だけのことはある。こりゃー流行るわけだ。店内の猥雑な雰囲気や、一見ぶっきらぼうながらもちゃんと気配りしてくれる店員さんも、俺好みだ。

自分の家からだと、電車で15分程度と近い。しかし、都営と京成の乗り継ぎで、片道320円もかかってしまう。この電車賃をどう考えるか、微妙なところではある。でも、今回は頼まなかった、ここでしか食えないメニューもあるようだし、また行くぞ!

|

« テッポー | トップページ | ダメダメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/4508915

この記事へのトラックバック一覧です: うち入り:

« テッポー | トップページ | ダメダメ »