« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

いとこの結婚式

いとこの結婚式に出席してきました。
たまにしか顔を合わせないけれど、妹のように可愛い、愛するいとこが、嫁いで行きました。
両家の親戚や多くの友人達に祝福される温かい、感動的な結婚式&披露宴でした。
おいらもちょっとホロリ・・・。

S子、いつまでも幸せにね。
Aさん、妹を、よろしくお願いします。

atsat


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/27

classta写真

辰之助さんから写真を頂いたのでアップ。
私のソロ・ギター・インストの写真は、かなりレア。

classta20051023

辰之助さんがご自分のブログで、「新曲やるの忘れたー」とぼやいていられたが、実は自分も絶対やろうと思っていた曲を忘れていたのでした。で、最後の曲を演奏している途中で思い出したんだけど、これで最後と言っちゃった手前、やらずに終えたのでした。(笑)

普段のライブでは、貼りコンデンサーマイクか内蔵のピエゾピックアップを使っているのだが、この日はマイクを使用。やっぱりマイクの方が良いねー。ギターの空気感まで拾ってくれるもんね。やっぱ57買おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

久々のソロ・ギター

10/23
約2年ぶりのソロ・ギターでのライブ。
もっと緊張するかと思ったが、客席にはこのところ一緒に遊んでいる音楽仲間の顔も見えて、緊張はしなかった・・・が、やっぱりどっか力入ってたよなー。でも、久々のソロ・ギター、気持ちよく演奏できた。ここ2年ほど、ソロ・ギターの練習は特にしていなかったのだが、リズム感の強化や数多くのライブ経験が活きて、以前よりも表現力豊かな演奏が出来たようだ。

対バンは鉄弦フィンガー・ピッカーの高橋辰之助さん。レギュラーチューニングしか使わないそうだが、それでもタッピングやハーモニックスで色々工夫して、豊かで美しいサウンドを生み出している。久々にフィンガー・ピッカーのライブを見て、刺激を受けた。

さてさて、次のソロ・ギターでのライブは、いつになることやら・・・また2年後かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第19回ブラジルセッションデー

10/22
国分寺クラスタのブラジル・セッションデー。大勢の方にお集まりいただき、素敵な演奏を次々に聴かせていただきました。初参加の方は、徳永さん、山崎とのトリオでホットなセッションを繰り広げてくれたソプラノサックスの村田さんと、初々しい歌声を聞かせてくれた男女ツイン・ボーカルのデュオ、シミズ&デウシさん。新たな仲間が増えて嬉しい限りです。すみともちゃんは、私が歌っていたマイクを取り上げて歌いだす活躍ぶりでした。(笑)

-----演奏曲目-----------------------
※「+た」は山崎の伴奏です。

稲葉(g) シボネー、ア・フェリシダージ

すみともこ(vo)+た イパネマの娘、ファンタジア・トロピカル

徳永(g) エムボサ

ミヤショ(vo,g) エプレシソ・ペルドアール

村田(ss)+た イパネマの娘

高崎(vo,g) Volta pro morro

小泉(g) オルフェのサンバ、いそしぎ、ジェット機のサンバ

稲葉(g) ガンタナメーラ、オルフェのサンバ

すみともこ(vo)+た トリステ-ザ

徳永(g)、村田(ss)+た ブルー・ボッサ、セント・トーマス

ミヤショ(vo,g) エスペランサ・ペルヂーダ

高崎(vo)+た Folhas secas、Noitedos Mascarados

小泉(g) たぶんだいじょうぶ、夜明け

シミズ&デウシ(vo×2,g) Meditacao、Eu sei que vou te amar、Tempo feliz

もり(g) Mood for a day、ワンノート・サンバ

ありぞの(g) あの日に帰りたい

たけかず(vo,g) コルコヴァド、ア・ヴォズ・ド・モーホ、エ・バイアーナ(途中ですみともちゃんにマイク奪われる)

すみともこ(vo)+た ヴォ・フェステジャ

シミズ&デウシ(vo×2,g) ブラジル・パンデイロ(だと思う)、ア・フェリシダージ

村田(ss)+た Misty

05-10-22_20-57

次回は11月26日(土)です。よろしくお願いします。
注意)12月は第4土曜ではなく、翌日の日曜日、12月25日に変更になります。ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/22

土日は国分寺クラスタ

もう本日になりましたが、10/22日は、国分寺クラスタのブラジル・セッション・デー。
皆さんの参加をお待ちしてます。

で、翌23日は、約2年ぶりのソロ・ギターでのライブ。対バンは高橋辰之助さん。2005年フィンガーピッキング・コンテストで入賞された方で鉄弦のアコギ・インスト(中川イサト系?最近じゃ押尾コータロー系と言ったほうがわかりやすいのか・・・)みたいです。
自分はボサノヴァ、ジャズをナイロン弦でやりますんで、まったく違ったスタイルの二人の演奏になると思います。是非聴きに来てください。

詳細はクラスタHPにてご確認ください。
国分寺クラスタ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/18

一期一会の生演奏

10/15
浅草橋ボーノボーノで、自分の主催するブラジル音楽ライブ。
今回は、ひさえちゃんのBanda Fabianaにほとんどお任せで、自分は最後の2曲でゲスト出演という形。
ギターのジレさんも、パーカッションのげんちゃんも、リズムが安定していて、これぐらい安定していると、
当日一発あわせでも大丈夫。もっとも、ジレさんは浅草トップリーグのエスコーラのジレトールなんだから、
リズム良くて当たり前か。

この日は、ひさえちゃんの日本語の歌が妙に心に染みてしまった。

しかし、フェミニーナのアドリブ、難しいー。ただコード通りに弾いても、曲に合わないんだよね。
メロディが独特の音使いしてて、それがカッコ良いんだけど・・・いやー、勉強になります。

この日は、ライブ主催者として、ちょっと考えさせられることもありまして・・・
いずれにしろ、この浅草橋ボーノボーノでのライブは
「歌いたいヤツは歌う、叩きたいヤツは叩く、踊りたいヤツは踊る」
を基本的なコンセプトとして、お客さん参加型のライブってことでやってます。

生演奏の魅力って、なんだろう?
まあ、ジャンルによっても色々なんだろうけど、たとえば、同じメンバーで、昨日、今日、明日と演奏したら、
ジャズみたいな即興中心の音楽は別として、サンバとかの歌物だったら、その日の出来、不出来は多少
あるものの、そーんなに演奏内容は変わらないわけだ。
で、毎日、何が違うかと言うと、お客さんが違う。毎回来てくれるありがたいお客さんもいるけど、
お客さんまで全部一緒ってことは無いわな。

で、バンドが演奏してお客さんがそれを聴く、っていうのではなく、バンドとお客さんが一緒になって、一つの
音楽をクリエイトする。お客さんも歌って、叩いて参加して、そこで、バンドの音とお客さんの音が一つになって、
その場限り、一期一会の音楽をクリエイトすることが出来る。
それが生演奏の醍醐味であり、ブラジル音楽の大きな楽しみだと思うんだよなー。
下手だって良いし、歌が歌えなくても、パーカッション叩けなくても、楽器が演奏できなくても、
手拍子だけだって良い。
自分達の演奏に、お客さんの手拍子が入って、新たなサウンドが生まれれば、それはクリエイティヴなことだ。

なんか、酔っ払って何言ってんだか分からなくなってきたけど(笑)、他はともかく、浅草橋ボーノボーノの
第3土曜日、俺が主催するブラジル音楽ライブだけは、このコンセプトで行きます。
ライブ終了後は、もちろん、みんなでパゴーヂです!

10/16
友人のフジー・ブランコさんと桜ちゃんが、かねてからお世話になっているイベント「Otoda」に出演するということで、
初めて客の立場でOtodaを見に行った。会場に着くと、いつものスタッフの方々が暖かく迎えてくれる。
本当に、スタッフの方々の努力には頭が下がる思いだ。
二人の演奏は、練習の成果が出ていて、アンサンブルも随分良くなってきている。競艇選手(すごい人らしい)の乱入もあり、楽しいステージだった。
次のゴスペルグループの演奏中に、震度4の地震があり、一瞬会場がざわめいたが、滞りなくイベントは進行。
終了後、帰ろうとすると、電車に遅れが出ていたため、「しょーがない、一杯やって時間つぶすか」ということで、御飲酒の言い訳にさせていただいた。
隙があれば飲むのだ。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/10/13

espeto ライブ

10/11
大塚エスペート・ブラジルでライブ、無事終了。
ヴォーカルのYukariとは、ますます息が合ってきている感じ。それに、今回初めてYukariが歌った新曲では、彼女の新たな一面が見られたような気がする。初共演のパーカッション、鈴木貴士とも、初めてとは思えないぐらい良い感じでアンサンブルできた。リハ無しのぶっつけ本番だったんで、エンディングなんかは、まあ、色々だったけど(笑)、良い演奏ができて、お客さんにも喜んでもらえたようだ。

ept20051011


演奏終了後は、相変わらずお客さんを巻き込んでのセッションタイム。調子に乗って自分も歌ってしまったが、ライブ終了後の余興と言うことで、ご勘弁を。

で、後で録音を聞いてみたのだが・・・ブラジル音楽を始めてもうすぐ2年。その間取り組んできた最も重要な課題が、まだ完璧とはいかないが、まあまあ、クリアかな、という感じ。もちろん、こらからさらにクオリティを上げてゆく必要はあるが、自分がやってきた方向性に間違いが無かったことを実感している。もちろん、自分ひとりではどうにもならなかった訳で、色々とアドバイスを頂いたり、一緒に演奏していただいた先達ミュージシャンの方々に大いに感謝である。

とりあえず、次のステップに進めたかな・・・2年かかったけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/04

10/11のリハ

10月11日(火)
大塚のエスペート・ブラジルにてYukariとのデュオ+ゲストにS木さんを迎えてライブやります。
スタート 19:30から2ステージ
料金 チャージ1500円+飲食代

で、今日はそのリハ。これまでは、Yukariのレパートリーから自分が出来る、あるいはやりたい曲を選んでいたのだが、今回は、自分がやりたい曲を提案して、3曲ほどYukariに挑戦してもらった。今日のところは、初めての曲でまだ手探りの部分もあったが、音感の良い人なんで、本番は期待大だ。

で、その3曲、これまで他の女性ボーカルにも歌ってもらっていた曲なのだが、Yukariが歌うと、まったく別の世界が広がる。キーも違えば雰囲気も変わるし、こちらも演奏していて新鮮だった。これは本番が楽しみだ。

個人的には、右手のフォームを若干修正したのだが、録音を聞いてみると、その効果がバッチリ。

ってわけで、みなさま、ぜひ聴きに来てくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »