« 色々 | トップページ | ボーノでひとみちゃんライブ »

2005/11/15

歌舞伎初体験

以前から、見たい見たいと思っていながら、なかなか実現しなかった歌舞伎鑑賞。先日、食事の席でちょっと友人に話したことから、「じゃ、見に行きましょう」ということになり、ついに実現。

演目は「児雷也豪傑譚話(じらいやごうけつものがたり)」。物語自体は江戸時代からのものだが、尾上菊五郎の演出により現代的に味付けされた、評判の舞台だ。

会場の前で文字通り“幕の内弁当”を仕入れ、新橋演舞場へ、初めて足を踏み入れる。ワクワクだ。

古典作品とちがい、イヤホン解説無しでも大丈夫かな?なんて話しながらも、解説レシーバー?を借りて会場入り。舞台が始まると、最初のうちはちょっと台詞が聞きづらかったが、徐々に慣れてくると、解説無しでもいけそうだ。舞台転換のところだけ解説を聞き、それ以外のところはイヤホンを外して舞台に集中したほうが良さそうだ。

ストーリーや配役などは、歌舞伎に詳しい方のブログに色々書かれているようなので、ここでは感想だけ。

まず感じたのは、当たり前だが“生の魅力”だ。テレビなんかで見得を切る場面をアップで写すことがあるが、あれでは全然魅力が伝わらない。あの舞台の、あの空間で見得を切るからカッコ良いのだ。

そして、その動作の美しさ。手があと1cm高くても低くても損なわれるであろう、完璧ともいえる美しい姿勢。ただ立っているだけ、座っているだけでも、その姿が美しい。主役三人が揃って見得を切る場面や、クライマックスの立ち回りなどは、役者同士の動きが完璧にシンクロし、調和している。

もちろん役者だけでなく、音楽、舞台装置なども、すべてが“あるべき場所にある”という美しさ。言葉は悪いが、「こいつら、毎日こんなことばっかりやってんだ」と痛感した。子供の頃から毎日毎日、当たり前のように磨かれ続けてきた芸。しかもそれが、代々受け継がれ、そして、また次の世代に受け継がれてゆく・・・まるでDNAのように。

今回の作品は、現代的な味付けもされていて、歌舞伎初心者にも見やすい舞台だったらしい。だが反面、現代的な味付けの部分に、少々不満が残ってしまった。お笑い芸人のネタのパロディで客席を笑わせたり、踊りに現代的な振り付けを取り入れたり。そのあたりが、どうも消化不良になってしまっていたような感もある。

などと言っても、初めての歌舞伎鑑賞、大いに堪能した。正直、日本人に生まれてきて良かった、と思った。浄瑠璃の語りや三味線なんて、「ああ、俺達の音楽だ」と思ったもの。とにかく、“磨き上げられた至高の芸”に触れることができた、幸せな時間であった。

それと、もう一つ感じたのが、伝統芸能だからといって、見る者がかしこまる必要はまったく無い、ということ。歌舞伎以外の普通の演劇とまったく一緒で、客は、ただ楽しめば良い。

この次は是非とも、コテコテの古典作品を見てみたいものだ。

|

« 色々 | トップページ | ボーノでひとみちゃんライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/7117278

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎初体験:

« 色々 | トップページ | ボーノでひとみちゃんライブ »