« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/28

クラスタ・セッションとボーノライブ終了

10/20
国分寺クラスタのブラジル・セッション・デー。今回は参加者が少なく、歌い放題、弾き放題、吹き放題でした。人数は少なかったですが、サックス&フルートの方もいて、雰囲気ある演奏を披露してくれました。 初めて参加してくださったヴォーカルの女性も、ほんわか味のある歌声を聴かせてくれました。

10/21
浅草橋ボーノボーノでの月例ライブ&セッション。今回は宮崎昭一、通称ミヤショさんの弾き語りステージ。ミヤショさんの演奏、回を重ねるごとに良くなってます。今回は本番前にちょっと飲ましちゃって(笑)、本人としてはあまり納得いく出来ではなかったみたいですが、前回より数段良くなってます。

ライブ後は、大勢のマイミクさんや友人知人が来てくれて、セッションです。っていっても、よくあるようなエントリー表に書いてもらって・・・なんていうのではなく、「やりたい人は勝手にどうぞ」式のゆるーいセッション。遊びに来てくださったみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/19

金・土とブラジル音楽セッションです

2006年10月20日(金)
♪第31回ブラジル・セッション・デー

場所 国分寺 クラスタ
時間 19:30ごろから
料金 チャージ500円+オーダー

■国分寺のライブハウス、クラスタで毎月第3金曜日に開催されるイベント、ブラジル・セッション・デー。私、山崎岳一がホストを務めさせていただきます。

■タイトルの通り、サンバ、ボサノバを中心にMPB、ショーロからヴィラ・ロボスまで、ブラジル音楽をみんなで演奏して楽しむイベントです。弾き語り、インストの方はもちろん、歌だけの方も歓迎いたします。(歌だけの方は、ご自分のキーに移調した楽譜を持参していただけると助かります。楽譜は無いけどこの曲が歌いたい、という方は、山崎にご相談ください。可能な限り対処させて頂きます)

■アコースティック・ライブ専門の小さなお店ですので、エレキギターなどの電気楽器は禁止(エレアコはOK)。ドラムセットはありません。パーカッション類の持参は大歓迎です。ギターはお店にありますので、ギターの方は手ぶらで来ても大丈夫。ピアノはアップライトですが、生ピアノがあります。

■あくまでもブラジル音楽を楽しむ場です。楽曲はブラジル音楽、およびブラジル音楽に類する楽曲に限ります。どこまでを“類する”とするかは各人の判断にお任せしますが、なんでもアリのイベントではありませんので、ご理解いただけたらと思います。

■もちろん聴くだけでもOK!

■ブラジル音楽好きが気楽に集まってワイワイ楽しくやれる場にしたいと思っています。みなさんの参加をお待ちしております!

--------------------------------------------------------------------------------

2006年10月21日(土)
♪第22回 Bouno Brasil (ボーノ・ブラジル)

Bounoはイタリア語で「美味しい」。浅草橋にある美味しいピザ屋さん、ボーノボーノで山崎が主催する月例ブラジル音楽ライブです。

場所 浅草橋 Pizzeria Bouno Bouno  
時間 19:30~
料金 飲食代のみ。
出演 宮崎昭一(vo, g)

今回は“ミヤショ”さんのハンドルネームでお馴染み宮崎昭一のステージ。ジョアン・ジルベルトに心酔する彼らしく、味わいあるボサノヴァ弾き語りを披露してくれます。ライブ終了後は山崎がホストを務めて誰でも歓迎飛び入りセッションとなります。皆さんの参加をお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

すっかりサボってましたが

mixiにはまって、ブログの更新がすっかり滞ってしまいましたが・・・。

9/16
浅草橋ボーノボーノでの月例ライブ&セッション。

今回は、最近一緒にショーロ練習会をしている「さくらぐみショーロ班」の皆さんがゲスト出演。7人の大所帯でセッティングに手間がかかるかと思いきや、案外すんなりとバランスが取れ、一安心。リハ終了後は本番まで時間があるので、近所のもつ焼き屋で早くもプチ打ち上げ。(笑)

本番は、まずは自分が30分ほどソロ・ギターでボサノヴァを演奏。そして少し時間を置いて、さくらぐみショーロ班の初ステージです。もつ焼きのおかげで?みなさん割とリラックスしているようで、本番が一番良い演奏ができたようです。

ライブ終了後は、おなじみのみやさん、バッグにヘボロ、カヴァキーニョなどを詰め込んで気合満々で来てくれた弘美さんなどを迎えてのセッション・タイム。ピザやビールに舌鼓を打ちつつ、サンバを楽しんだのでした。

9/18
西日暮里のイマーゴで行われた、太田丸さんが主催するホーダ・ジ・ショーロ(ショーロの輪=ショーロのセッションのようなもの)の3周年記念イベントに参加。プロ・アマ入り乱れてのコンペには、真剣な演奏からギャグを交えた演奏まで、18組が参加。さくらぐみショーロ班から、桜ちゃん、こうのすけさん、そして自分の3人で参加させていただきました。客席にはその筋の一流のプロがズラリという状況で、いつになく緊張してしまいましたが、コンペの成績は18組中、10位タイぐらいだったそうで・・・あの豪華メンバーが参加した中でその成績なら、まあ、上出来と言って良いかな。

後にポルトゥでのボーカル・セッションがあったので、途中で会場を後にしたのですが・・・ああ、最後まで居たかった・・・。

その後、日暮里のポルトゥに移動し、自分がホストを務めてボーカル・セッション。懐かしい友達も歌いに来てくれて、嬉しかったです。さらに、makikoさん&グスターヴォさんのDuo Brasilのお二人も参加してくださいました。グスターヴォさんとは初めて一緒に演奏させていただき、嬉しかったです。イマーゴから駆つけてくれた人もいて、セッション終了後も、おいしいお酒を飲みながら、終電近くまで歓談は続いたのでした。

------------------------------------

9月中は、さくらぐみ本体のパゴーヂ練習会、ショーロ班の練習会、ひさえちゃん&長澤さんのデュオライブなどもありました。最近、カヴァキーニョを借りて、ちょっと練習しています。まずは小ささに慣れることだな・・・。

そんな感じの今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »