« さっそく7弦使ってみた | トップページ | 2月の活動 »

2007/01/26

2007年1月・月例クラスタ・セッション&ボーノ・ライブ

1/19
自分がホストを務める国分寺クラスタのブラジル・セッションデー。今回は参加者も多く、色々な楽器が集まって、中身の濃いセッションになりました。

今回の目玉は、なんと言ってもウィンド・シンセ。木管楽器型のシンセです。ソプラノサックスかクラリネットか、という感じの本体で、シンセ音源をコントロールします。息づかいや指使いによってベンドも出来て、良い雰囲気。ボサノバにシンセの音が入ると、とたんにフュージョンっぽいサウンドになるのが面白かったです。

もちろん生サックスも参加。管楽器やギターでのボサノバ、女性ヴォーカルによるサンバ、鍵ハモとギターでのショーロ、ヴィラ・ロボスなどクラシック曲、さらに反則?のブルースまで飛び出す、華やかなセッションとなりました。初参加の方々にも楽しんでいただけたようで、なによりです。

1/20
浅草橋のピザ屋、ボーノボーノでのブラジル音楽ライブ&セッション。今回は宮崎昭一、通称ミヤショさんの弾き語りに、前座は自分のソロ・ギター。初めて7弦ギターでソロ・ギターを披露しました。まだ7弦を買って1ヶ月も経っていないのに、チャレンジャーなワタシ。でも、どんどん使わないと弾けるようにならないですからねー。

ミヤショさんの弾き語りは、どんどん良くなってます。1曲だけ、RIEさんが鍵ハモで参加。良い味だしてましたねー。お二人のデュオ、1曲じゃもったいない。もっともっと聴きたかったです。誕生日が近い2名の女性に、ポルトガル語での「Parabens pra voce」、そしてみんなで歌う「Happy Birthday To You」。相変わらず女泣かせの(笑)ミヤショさんです。

ライブ終了後は、PAをオフにして、生音でのセッションタイム。大きいテーブルを囲んで、みんなで交代で弾いたり吹いたり歌ったり。遊びに来てくださった東輝美さんも素敵な演奏を2曲ほど披露してくださいました。オデオンは歌もギターも最高にカッコイイし、ノイチス・カリオカの日本語歌詞も楽しかったです。

生音のほうが、PAを通すよりも、みなさんの音楽への想いがダイレクトに伝わってきて、それぞれの演奏が胸に染み入ります。考えてみれば、人類はマイクやPA、電気なんかが発明されるずっとずっと前から、おそらく何万年も前から音楽を奏で、楽しんできたのです。スピーカーから出てくる音ではなく、人の咽が震える音、楽器が振動する音こそが、人類のDNAに刻まれた本当の音楽なんだと実感しました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!また来月も第3金曜クラスタ、土曜ボーノボーノでお待ちしてます。

--------------------------
7弦ギター購入を機に、タイトルを「7弦ギター生活」と改めました。写真も7弦ギターバージョン。

|

« さっそく7弦使ってみた | トップページ | 2月の活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/13661749

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年1月・月例クラスタ・セッション&ボーノ・ライブ:

» アルトサックスの情報局 [アルトサックスの情報局]
アルトサックスに精通している方のためのサイトです。初心者の方もどうぞ [続きを読む]

受信: 2007/01/26 08:42

« さっそく7弦使ってみた | トップページ | 2月の活動 »