« 2007年 元旦 あ、もう2日だ | トップページ | さっそく7弦使ってみた »

2007/01/03

7弦ギター

六弦風流記なんてタイトルをつけた時点では、まさか自分が7弦ギターを買うことになるとは思わなかった。

Asturias 7-STRINGS
アストリアス 7弦
トップ:杉単板
サイド&バック:ローズウッド/マホガニー/ローズウッド3プライ
弦長:630mm
ネック:マホガニー
ブリッジ:ハカランダ
塗装:ウレタン仕上げ


Violao7


ショーロ、サンバなどブラジル音楽で使われる7弦ギター。通常のギターに低音弦を加えた7弦で、チューニングは1~6弦は普通のギターと同じ、7弦はブラジル音楽の場合はCに調弦されることが多い。

サイド&バックが合板だし、音質云々を語るような楽器ではないが、作りはしっかりしているし、値段を考えれば十分合格点。オール単板のギターと比べちゃうともの足りない部分もあるが、方向性としては自分好みの音色なので、まあ、満足している。

で、今日はピックアップを付けてみた。コンタクトタイプのピエゾ、いわゆる貼りピエゾってやつだが、K&K社のTWIN SPOT Internal。本来はボディ内部に貼り付けてエンドピン・ジャックを取り付ける加工が必要だが、脱着可能なほうがなにかと便利なので、そこは一工夫。

Kk01


2個のピックアップ本体を粘着ゴムでトップに貼る。取り付け位置によって音がガラリと変わるので、試行錯誤が必要だが、とりあえず写真の位置にしておこう。

問題のジャックだが、フックつきの吸盤・・・台所でオタマなんかをぶら下げるやつね・・・を3つ使うと、かなりしっかり固定できる。もちろん簡単に剥がせるし、楽器へのダメージは全く無い。これは我ながらすばらしいアイディアだ。

Kk02

で、肝心の音だが、ピックアップ自体はパッシブなので、単体では使い物にならず、外部プリアンプが必要。アコギ用マルチエフェクター、ZOOM A2を通して鳴らしてみると・・・おお、良い感じ。貼りピエゾなんだからエアー感が足りないのは当たり前だが、予想以上にナチュラルな感じで、楽器本来の音を増幅してくれる。以前使っていたEPM AGT200や、Gibson J-45に付けているL.R.Baggs社のiBeamよりも、ずっとナチュラルな感じだ。

実際のライブでは、このシステムにマイクの音を足してエアー感を付け加えれば、かなり使えるんじゃないかなー。

|

« 2007年 元旦 あ、もう2日だ | トップページ | さっそく7弦使ってみた »

コメント

アストリアスの7弦を「ず~っと」狙っていたものですが、とても参考になりました。ピックアップの付け方については「芸術作品賞」を進呈致したい。ご活躍下さい。 にしだ

投稿: にしだたかふみ | 2007/02/17 14:45

書き込みありがとうございます。
7弦ギターに関してはネット上でも情報が少ないので苦労しますが、少しでもお役に立てて嬉しいです。

この記事は買ったばかりでまだ現場で使っていない段階で書いたのですが、その後、ライブやセッションで何度か使っています。現場で使っての感想なども、また改めて書こうと思っています。

投稿: たけかず | 2007/02/18 01:47

はじめまして。7弦を使ってブラジル音楽を演奏している尾花と申します。私も7弦にどのようにピックアップを付ければよいか何年も悩んでいます。以前使っていたメキシコ製の7弦にはFISHMANのSBT-CとISOMAXをステレオで出力し外部でMIXして使っていました。かなり良いバランスで鳴っています。ドラムが入るような大音量バンドでも使えています。最近あこがれのジョアンバチスタの7弦を手に入れ、早速どのようにピックアップを付けようか思考錯誤していますが、ジョアンバチスタは力木の構造が複雑でSBT-Cを貼り付けるスペースがありませんでした。強引に狭い場所に貼り付けてみましたが、やはり堅い音に鳴ってしまい貼り付けはあきらめました。インブリッジのピエゾは7弦の場合、長さが足りなくて大抵NGなのですが、B-BANDのUSTが十分長いということがわかり、試しに付けてみたところほぼ良いバランスで拾えることがわかりました(調整にもよると思うのですが若干7弦が小さい)。しかしインブリッジのピックアップは音が堅いので、やはりISOMAXをMIXして出力してみました。かなり生っぽくかつ大音量で出力できています。マイクをMIXすることで各弦の音量のバランスもごまかせています。急なのですが明日六本木のお店で僕の7弦とスティールパンとパンデイロというおもしろい大音量バンドでライブがあります。良かったら遊びに来てください。長文で失礼しました。

3/15(木)六本木vanilla mood
SonDeCaribe(ソンデカリベ)
Start/21:15~(20:00-20:45 OpeningAct椎名杏子(vo,p))
MC \2000
お問い合わせ
東京都港区西麻布1-3-8 六本木アゼリアビル1階
Tel:03-5770-3843
日比谷線・大江戸線六本木駅2番出口3分/千代田線乃木坂駅5番出口5分

投稿: 尾花毅 | 2007/03/14 22:01

詳細な書き込み、ありがとうございます。
実は先日、タンタンやヘボロがたくさん入った演奏で上記のピックアップを使ったのですが、まったく使い物にならず、インブリッジ・タイプのピックアップを考え始めたところです。

そもそも、アコースティックなサウンドが求められる少人数での演奏と、音色もへったくれも無い(笑)ような爆音の演奏とで、同じシステムを使おうってのは無理がありますよね。

1本で済ませるのなら、やっぱりインブリッジ・ピエゾ+ISOMAXの組み合わせが良いのかなー。

ご紹介いただいたライブは急なことで行けませんでしたが、機会があれば尾花さんの演奏、聴きに行きたいと思います。

投稿: たけかず | 2007/03/18 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/13312965

この記事へのトラックバック一覧です: 7弦ギター:

« 2007年 元旦 あ、もう2日だ | トップページ | さっそく7弦使ってみた »