« ジョアン・ジルベルト | トップページ | エレガットの音作り »

2010/05/22

メジャースケールとダイアトニックコード

今日はギター教室の生徒さんにメジャースケールとダイアトニックコードの説明。1回の説明じゃ分からないかもしれませんが、これからレッスンで具体的な例を色々と取り上げていくので、おいおい理解できるようになるでしょう。

言葉にしちゃうと、メジャースケール=ドレミファソラシド、ダイアトニックコード=ドレミファソラシドを1個飛びで3声or4声で重ねてできるコード、これだけで終わっちゃうんだけどね(笑)

でもそれを、音楽の中でどう使い、どう発展させて自分を表現していくか、それが大切。最初は考えながらになっちゃうだろうけど、自分でうまくコントロールできるようになると、ギターがもっともっと楽しくなります。

|

« ジョアン・ジルベルト | トップページ | エレガットの音作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/48424791

この記事へのトラックバック一覧です: メジャースケールとダイアトニックコード:

« ジョアン・ジルベルト | トップページ | エレガットの音作り »