« エレガットの音作り | トップページ | アントニオ・カルロス・ジョビンについて »

2010/05/29

エポカ・ヂ・オウロ

5月25・26日は2日連続でブラジルからやって来たショーロの大御所バンド、エポカ・ヂ・オウロのコンサートに足を運びました。

7年ぶりの来日公演ってことですが、7年前はまだショーロは知らなかったので、これが初のエポカ・ヂ・オウロ体験。

両日ともPAに問題があったんですが、演奏は素晴らしいの一言。一日目は割と譜面通りというかCD通りというか、着実な演奏。ジョルジーニョとホナウドの仕掛け合いはありましたが、他のメンバーはおとなしめでした。

二日目は他のメンバーも仕掛け合って、自分はギター弾きなのでトニ vs ジョルジーニョみたいな場面もあって、より楽しめました。

全体のサウンドを仕切っているのは間違いなくジョルジーニョ・ド・パンデイロで、歌うように、そして指揮するようにパンデイロを操ります。他のパートも、それぞれがすごーく歌っている。音一つ一つに魂がこもっていて、それでも気合が入り過ぎるようなことは無く、余裕たっぷりの演奏。とにかく歌心と遊び心にしびれた二日間でした。

両日とも、生音でのヴィブラソエスが白眉でした。本当に一音一音が胸に染み入ってくるような素晴らしい演奏。一日目にはジョルジーニョが昔作ったというサンバをジョルジーニョに内緒でサプライズで演奏し、ジョルジーニョが涙する場面も。ゲスト・ボーカルの渡海真知子さんもあの豪華メンバーをバックに素敵な歌声を披露してくれました。

そして二日目のライブ終了後、メンバーを交えてのホーダ・ヂ・ショーロが行われるってことで、近くのライブハウスへ。集まった面々で11時ごろから演奏を始めつつ、メンバーを待ちます。終電の時間になって半分ぐらいの人が帰っちゃった後、深夜1時過ぎぐらいになって、ホナウドとアントニオ登場!そこからホナウド弾きまくり&しゃべりまくり。

A1


何曲かみんなで演奏した後、ホナウドがピアニストと何かやりたいと言い出し、アツシさんとホナウドでヴィブラソエス。これがまた素晴らしい!また、ホナウドがアツシさんが知らない曲をどんどん弾いて、アツシさんは音を聴いてその場で伴奏をつけていく場面も。ホナウドのバンドリンも素晴らしいが、アツシさんもすごすぎ。ホナウドもアツシさんのことを絶賛してました。ホナウドとアツシさんのデュオを聴けただけでも、この場に居た甲斐がありました。

自分ももちろんホナウドやアントニオと一緒に演奏させてもらって、至福の時を過ごしました。自分はポルトガル語は出来ないので彼らが何を言っているのか全然分かりませんでしたが、それでも音と笑顔で、彼らのフレンドリーな人柄が伝わってきました。

A2


ショーロがますます好きになった2日間でした。

|

« エレガットの音作り | トップページ | アントニオ・カルロス・ジョビンについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/48485432

この記事へのトラックバック一覧です: エポカ・ヂ・オウロ:

« エレガットの音作り | トップページ | アントニオ・カルロス・ジョビンについて »