« 東輝美とのデュオライブでした | トップページ | ライブのお知らせ最新版(2011.6.18更新) »

2011/06/17

思い出のギター〜フェルナンデス Flying V モデル

中学三年の秋に初めてのエレキギター、アリアプロ2のレスポール・モデルを中古で買ったということは、ちょっと前の日記で書きました。エレキギターを手にしたきっかけは、マイケル・シェンカーというギタリストに出会ったこと。なんとなくエレキギターの音が聴きたくなって、たまたま本屋で目に留まった雑誌のメインの特集がマイケル・シェンカーでした。で、さっそくレコードを買ってみると、一曲目の「Armed and Ready」という曲でノックアウトされてしまったのでした。

マイケル・シェンカーが使っていたギターが、Gibson社のFlying Vという、V型シェイプのボディを持つギターでした。当然同じ物が欲しくなる訳ですが、買えるわけがありません。それで、高校一年だったか、二年になっていたか忘れましたが、貯めていたお年玉をはたいて買ったのが、日本のフェルナンデスというメーカーが出していたFlying Vのコピーモデル。当時、水道橋にあったイケベ楽器に買いに行き、背負って帰る時は、それはそれは、嬉しかったのを覚えています。

形はVシェイプで攻撃的な感じがしますが、材質はマホガニーで、実は甘くてまろやかな音色なんですね、これが。で、マイケル・シェンカーと同じJENのCry Babyというワウワウペダルも買って、マイケル・シェンカーごっこに没頭したわけです。

そんなシェンカー熱も、高校三年になってジャズと出会うと急激に冷めてしまい、フェルナンデスのVモデルも手放してしまいました。それでも、中学〜高校という多感な時期に憧れた楽器です。今でも楽器屋さんなんかでFlying Vを見ると、ちょっとトキメイてしまう自分がいるのです。

---------------------------
次のライブ、土曜日は浅草橋のオープンマイクでひさえ*fabianaちゃんとミニライブ、日曜日は小山けいとさん、長澤紀仁さん主催のチャリティライブに参加します。詳しくはリンクから。
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/201167-611a.html

|

« 東輝美とのデュオライブでした | トップページ | ライブのお知らせ最新版(2011.6.18更新) »

コメント

フライングV!
1年下のプログレやってた後輩が愛用してましたね。良く覚えています!これってケースがやたらデカくって、持ち運びに四苦八苦してたように……。(笑)
私も学生時代の愛器はフェルナンデスでございやした。ボリュームにガリが来てますが、今でも現存しておりますです、ハイ!(^-^)

投稿: feifei | 2011/06/18 01:24

確かにケースでかかったです。ケースは形も変なんで、近所のおばさんに「それ何?」とか聴かれたり(笑)
学生時代の愛機、いつまでも大事にしてあげてください(^_^)

投稿: たけかず | 2011/06/18 01:38

やっと日記になったねフライングV(笑)
アタシはマイケル・シェンカーといったらCry for the Nationsが一番印象深いね。

投稿: SKMCH | 2011/06/20 15:07

SKMCさん
ご期待に応えて(笑)アルバムの一曲目がArmed and ready、二曲目がCry for the nationsなんだよね。Cry〜もコピーしようとしたけど、途中で挫折した思い出が・・・。

投稿: たけかず | 2011/06/20 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/51971740

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のギター〜フェルナンデス Flying V モデル:

« 東輝美とのデュオライブでした | トップページ | ライブのお知らせ最新版(2011.6.18更新) »