« ブラジル製7弦ギターの糸巻き交換 | トップページ | 雑感:インターネットと音楽 »

2011/06/01

初めてのボサノバ〜Meditacao〜

初めてボサノバに触れたのは、18歳だか19歳になっていたか、ジャズスクールに通っていた頃。アンサンブルというバンド形式のレッスンで、最初はブルースとか簡単な4ビートの曲をやって、何曲目かにやったのがMeditationでした。ジャズスクールだから英語タイトルでしたが、ポルトガル語でMeditacao。

当時はブラジル音楽としてではなく、ジャズの一部に取り入れられたボサノバとして、ブラジルのボサノバとはほど遠い、ジャズとしての演奏をしていたと思います。伴奏は譜面にボサノバらしきリズムが書いてあって、ソロなんかはバキバキのジャズ。当時はブラジル音楽なんて全く知らなかったし、それで良いと思っていました。

そんな経緯もあり、今でもMeditacaoは大好きだし、自分の中では重要なレパートリーなんですが、多少なりともブラジル音楽をかじった今では、ギター一本のインストで奏でても英語の「Meditation」ではなく、ポルトガル語の「Meditacao」に聴こえるような演奏を心がけています。ジャズに組み込まれたアメリカ経由のボサノバではなく、ブラジル直輸入のボサノバってことです。ジャズ的ボサノバが悪いとは言いませんが、自分がやりたいのはブラジルのボサノバであり、サンバであり、ショーロであり。

そんな訳で、自分にとって、ジャズとボサノバの違いを我が身の事として実感できるのが、初めて触れたボサノバ、Meditacaoなのです。

===================
Next Live

♪2011年6月9日(木)
大塚エスペートブラジル
http://aka.gmobb.jp/espetobr/index.html
18時オープン 19時30分から 2ステージ
チャージ 2000円+オーダー
ゲーリー杉田(ボーカル、パーカッション)
高田泰久(カヴァキーニョ)
浅川宏樹(サックス)
山崎岳一(7弦ギター)
名古屋が誇るサンバ界の重鎮、ゲーリー杉田さんを迎えてのこのメンバーでの2回目のライブ。前回同様、盛り上がり必至!

♪2011年6月11日(土)
新橋 Bar Villagewood
http://villagewood.nomaki.jp/
19時オープン 19時30分から 2ステージ
チャージ 2000円+オーダー
西澤沙苗(ボーカル、ギター)
山崎岳一(7弦ギター)
柔らかい歌声でボサノバやオリジナルを歌う西澤沙苗ちゃんと、こちらも2度目の共演。会場のビレッジウッドはバーですが、実はタンドリーチキンやカレーなど本格インド料理が食べられる、お酒が飲めない方でも楽しめるお店です。
-----------------------
ギター教室のお知らせ
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2009621-0444.html

|

« ブラジル製7弦ギターの糸巻き交換 | トップページ | 雑感:インターネットと音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/51822560

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのボサノバ〜Meditacao〜:

« ブラジル製7弦ギターの糸巻き交換 | トップページ | 雑感:インターネットと音楽 »