« 下北沢ヘブンズドアでチャリティーライブでした | トップページ | Facebookの良いところ »

2011/06/21

ファとシ

Cメジャースケールってのがある。ドレミファソラシドの事である。

ドとレ♭の関係を半音という。ピアノで言うと、ドの白鍵とすぐ右隣の黒鍵の関係、ギターだとフレット一つ分である。

ドとレの関係を全音という。ピアノでいうとドと右隣の白鍵の関係である。ギターだとフレット二つ分である。

ドレミファソラシドの音程関係を半音、全音で表すと、

ド全レ全ミ半ファ全ソ全ラ全シ半ド

となる。ミとファ、シとドの間が半音ってことだ。この二カ所の半音があることで、メロディやハーモニーが、明るくなったり暗くなったり、楽しくなったり悲しくなったり、様々な色彩感と味わいを持つ事が出来る。

バロックの昔から、古典派、ロマン派、そして現代。19世紀から現在まで世界を席巻するポピュラー音楽。多くの偉大な先人たちが、ドレミファソラシドを使って奇跡とも言って良い素晴らしい音楽を作り出してきた。

主和音と言われる三和音は、ドミソである。ファもシも入っていない。それでも、ドミソだけではこんなに豊かな音楽世界が出現することはなく、ファとシがあればこそ、音楽が豊かになる。

ファとシの二つの音を同時に鳴らしてみて欲しい。不安定で気持ち悪いでしょ。この増4度、トライトーンと呼ばれる音程こそが、調性音楽の“肝”なのである。

ファとシ、これからも多くの音楽ファンを楽しませるため、そして俺を楽しませるために、頑張ってくれ!

|

« 下北沢ヘブンズドアでチャリティーライブでした | トップページ | Facebookの良いところ »

コメント

アタシャ今数学使ってしのいでるんだけど、昔、音階と数列には面白い関係がいろいろあるらしいってことを書いてある本を読んだことがあったな。

その本は音階をCとかFとかで書いてあったんで音楽的素養のないアタシには途中から数式との関係がこんがらがっちゃって困った。

山崎みたいにちゃんとドレミファって書いてくれればもっと楽しく読めたのに。残念。

投稿: SKMCH | 2011/06/22 14:50

ドレミファソラシドの音階って数学で導きだせるんだよね。俺は数学はさっぱりなんで詳しい事はわからんけど(笑)
しかし、文章をみんなに分かってもらえるように書くのは難しいもんだ。この日記も、難しくて分からんって人いたし。

投稿: たけかず | 2011/06/22 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52006589

この記事へのトラックバック一覧です: ファとシ:

« 下北沢ヘブンズドアでチャリティーライブでした | トップページ | Facebookの良いところ »