« コロボックリのリハでした | トップページ | 7弦ギターを始めたきっかけ »

2011/06/05

鑑賞:中川恭太阿部浩二高田泰久

気鋭のフルート/クラリネット奏者、中川恭太くんをリーダーに、日本のショーロ界を代表する二人の7弦ギタリスト、阿部浩二さんと高田泰久さんの二人が加わったトリオによるライブ。ショーロの名曲に加え、レパートリーの半分は三人のオリジナルという貴重なライブでした。

オリジナルは三者三様、それぞれの個性が感じられる反面、しっかりとショーロのテイストも感じられて、大いに刺激になりました。俺もちょっとずつでもショーロの曲書こーっと。

自分も7弦弾きなんで二人の7弦奏者の演奏には注目していたんですが、さすが歴戦のお二人、うまく役割を入れ替え、中川くんもソリスト一人だからと前に出過ぎる事もなく、もちろん出る所はしっかり出て、素晴らしいアンサンブルを聴かせてくれました。打楽器や鉄弦がいない分、全体的にクラシカルな雰囲気でしたね。

会場のビストロ・バー・ユーラシアンの料理も美味しく、大満足の夜でした。今回がこの三人では初ライブということでしたが、これから回を重ねたらさらに良くなるんじゃないでしょうか。今後にさらに期待です。

|

« コロボックリのリハでした | トップページ | 7弦ギターを始めたきっかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/51856713

この記事へのトラックバック一覧です: 鑑賞:中川恭太阿部浩二高田泰久:

« コロボックリのリハでした | トップページ | 7弦ギターを始めたきっかけ »