« ボーノのブラジル音楽デーでした | トップページ | ライブハウスに行くようになった頃〜1980年代中頃 »

2011/07/18

ギター練習法〜間違えても流れを止めない

初心者の方、いや、けっこう弾ける方でも、間違えたり弾き損ねた時に、ちょっと戻って改めて弾き始める人が多いですが、これはやっちゃいけない練習方法なのです。

夏がくれば思い出す〜遥かな尾瀬〜遠い空〜♪

これを間違えて

夏がくればお×× あ、いけね、思い出す〜

みたいな弾き方、これはNGなのです。

間違えても

夏がくればお×××す〜遥かな〜

みたいに、頭の中で曲の流れを途切れさせないようにして、戻れるところで戻る。

NGの方法で練習していると、実際にライブで間違えた時にも曲の流れから落っこちてしまって、曲全体が転けてしまったり、どこをやっているのか分からなくなったりしちゃいます。

分かりやすく数字で書くと

123××、3456789 ←これはNG

123××6789 ←こちらがGood

で、××のところがうまく弾けなかったら、1〜9全体を弾けるテンポまで落として繰り返し練習します。弾ける所は速く弾いて、苦手な所はゆっくり弾くっていう練習方法だと、リズムに悪い癖がついてしまいます。全体をゆっくりしっかり弾けるようにして、それから全体を徐々にテンポアップしてゆくのが良いでしょう。部分練習をするにしても、例えば5小節目〜8小節目までを練習するのなら、その間は上記の例のように、流れを切らない、テンポを乱さないように練習すると効果的です。

なんて、自戒をこめて書いてみました。俺ももっと練習しないと (^_^;;

------------------------------------
ライブのお知らせ最新版
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/2011716-669b.html

山崎岳一ギター教室
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2009621-0444.html

|

« ボーノのブラジル音楽デーでした | トップページ | ライブハウスに行くようになった頃〜1980年代中頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52241226

この記事へのトラックバック一覧です: ギター練習法〜間違えても流れを止めない:

« ボーノのブラジル音楽デーでした | トップページ | ライブハウスに行くようになった頃〜1980年代中頃 »