« 花火の思い出 | トップページ | カセットテープだった頃 »

2011/08/30

MTRのこと

MTRってのは、Multi Track Recorderの略。単に録音再生できるだけでなく、例えばトラック1にギター、2にベース、3にドラム、4にボーカルみたいに、別々に録音して後で音質やバランスを調整してミックスできる録音機のことです。レコードやCDなんかは、ほとんどがMTRを使ってレコーディングされています。

私が高校生ぐらいの頃までは、MTRというと安くても20万円ぐらいしまして、とてもアマチュアに手を出せるものではありませんでした。そこに登場したのがTASCAM PORTA 01という機種。初めて10万円を切ったMTRとして大ヒットしました。私も、初めて購入したMTRはこれ。

1980年代のことですから、まだまだ時代はアナログ。普通のカセットテープを4trとして使うので、隣のトラックへの音かぶりはあたりまえ、ピンポン録音(ややこしい話になるので興味ある人はググってください)すればどんどん音は劣化していきます。それでも、憧れのMTRを手にした喜びで、いろんな曲を作っては目を輝かせて多重録音に励んだものです。

それから一気に時代は2011年に飛びますが、今や、携帯電話ひとつで多重録音ができてしまうのですね。iPhone4にFour Trackというアプリを入れると、iPhoneがMTRに大変身!テープMTRなんかよりはるかに良い音でマルチトラックレコーディングができてしまうのですよ。MTRがポケットに入ってしまうなんて、あの頃は全く想像もできませんでした。

おかげで、リハの時にちょっと多重録音をして遊んでみるなんてこともできるわけで、ちょっと気合い入れればCDも作れちゃうじゃん!などと思っている今日この頃。もちろんCD作るとなったらiPhoneでってわけには行きませんが、MacBookあるし、オーディオインターフェイスもあるしで、いろいろと妄想が膨らむ今日この頃なのです。

|

« 花火の思い出 | トップページ | カセットテープだった頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52601403

この記事へのトラックバック一覧です: MTRのこと:

« 花火の思い出 | トップページ | カセットテープだった頃 »