« ミスDJリクエストパレード | トップページ | 浅草橋ボーノボーノのブラジル音楽デーでした »

2011/09/16

子供の頃の習い事

最近では小学生のお子さんから定年を過ぎた方まで、幅広くギターを教えている私ですが、これまでどんな習い事をしたことがあるか考えてみました。幼稚園〜小学校の間にに英語、書道、水泳などにも少し通いましたが、長続きせず。で、子供の頃に唯一続いたのが、今となっては意外な感じですが、柔道でした。

小学一年生のある夕方、とつぜん父親に連れて行かれたのが、浅草にあった小さな柔道場。わけも分からないうちに兄と二人で通うことになりました。週二日か三日だったと思います。最初は受け身を教わり、少しずつ技を教わり、組み手や寝技を教わり、台東区の少年柔道大会に出たりもしました。

柔道そのものは嫌ではなかったですが、そんなに楽しいとも思いませんでした。それよりも、道場の友達たちと稽古の前に道場で遊ぶのが楽しかったのですね。なにせ柔道場ですから、暴れても転んでも大丈夫。いくら暴れても叱られないわけですから、相撲や馬跳び、箒をバットにしての野球など、何の遠慮もなしに楽しんだのでした。

けっきょく小学五年生まで続けました。楽しいと思わなかったなんて書いちゃいましたが、それでも4年も続いたのですから、それなりに楽しかったのだと思うし、ダラダラやっていたら怪我しますから稽古は真剣そのものでしたよ。体力や運動神経の基礎は、ここでの稽古や遊びで作れたのかなと思います。なにせ、小学生で腹筋割れてましたから(笑)

小学高学年では地元の少年野球チームに入り、中学でも野球部でしたから、音楽を始める前の私は、かなりのスポーツ少年だったのですよ。今ではこの腹、見る影無しですが(笑)

|

« ミスDJリクエストパレード | トップページ | 浅草橋ボーノボーノのブラジル音楽デーでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52750479

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃の習い事:

« ミスDJリクエストパレード | トップページ | 浅草橋ボーノボーノのブラジル音楽デーでした »