« 久しぶりにエレキでライブをしたのだ(その1) | トップページ | ブラジル音楽に戻るのだ »

2011/09/26

久しぶりにエレキでライブをしたのだ(その2)

久しぶりにブラジル音楽以外で、バンド編成のライブをしてみて、色々と感じたことがあったので、ちょっと書いてみます。

まず、良かった点。
・ベースの道祖尾昌章さん、ドラムの大場伸二さんという実力あるリズム隊と共演できた。お二方ともとにかく周囲の音を良く聴いているなあと関心しました。
・サポートだからといって歌手からの一方的な指示では無く、リハからライブへと、みんなで意見を出し合ってサウンドを作り上げるというオリジナルならではのサウンド作りが楽しかった。
・久しぶりにジェフ・ベック・モデルのストラトを歪ませて弾きまくったのは快感(笑)
・ステージからお客さんをあおるってほどでは無いけれど、手拍子を催促したり、ロックならではのステージパフォーマンスも楽しい。
・本番前は無愛想だったお店のオニーチャンが終わったら妙に愛想が良くなったのは可笑しかった(笑)

基本的には、昔やっていたロックバンドでのリハやライブが、この歳になって高いレベルで再現できたのが楽しかったってことですかね。しかーし、反省点もあるのですよ。

・譜面台をおいてやったんですが、やっぱりロックは暗譜して、譜面台無しでやりたいなー。
・10年ぶり以上のエレキでのライブ、当然ギターも長いこと使っていなかったわけで、コンディションがちゃんと把握できず、途中チューニングが狂って迷惑をかけてしまった。
・ギターソロ、ついつい弾きすぎてしまう。もちろんゴリゴリ弾きまくる部分もあって良いが、チョーキング1発で4小節とか8小節ともっていくような部分もあって良かったのではないか。

やっぱりエレクトリックギターでのライブは10年以上ぶりってことで、その間も技術的には進歩しているんですが、経験とか慣れとかっていう部分でちょっとブランクを感じる部分があったかなー。

まあ反省点はあるものの、録音を聴いてみると、こりゃなかなかイケてます。そして、楽しかったし、大いに勉強になりました。こういった経験を普段やっているブラジル音楽にフィードバックしていかないとね。

聴きに来てくださったお客様方、そして貴重な機会を作ってくださった芽亜利・Jさんに感謝!

|

« 久しぶりにエレキでライブをしたのだ(その1) | トップページ | ブラジル音楽に戻るのだ »

コメント

お疲れさまでした〜〜
私のブログにリンクさせて頂きました♪

先月に続き(しかもまったく違う内容で)ありがとうございました。
久しぶりのロック(?)は新鮮でしたか?
ストラト良い音でしたね!

投稿: 芽亜利・J | 2011/09/28 01:57

芽亜利・Jさん
おつかれさまでした〜。リンクありがとうございます。ロック、楽しかったですよ。お客さんにも好評だったようで、良かったですね!

投稿: たけかず | 2011/09/28 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52833540

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにエレキでライブをしたのだ(その2):

« 久しぶりにエレキでライブをしたのだ(その1) | トップページ | ブラジル音楽に戻るのだ »