« エレキマンドリンがやって来た | トップページ | サンバギターのスタイル〜バチーダとバイシャリーア〜 »

2011/10/09

ボサノバギターの基本スタイル〜ジョアン・ジルベルトのバチーダ〜

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=


ボサノバギターというと、まずは誰もがジョアン・ジルベルトみたいなスタイルを思い浮かべることでしょう。



左手でコードを押さえて、右手は親指でベース音を二拍子の1,2,1,2で弾き、他の指で細かいリズムを刻む、バチーダと呼ばれるスタイルですね。


ボサノバギターを始める方は、まずはジョアン・ジルベルトのCDを聴いて、ジョアンのバチーダのニュアンスを覚えると良いと思います。


シンプルで分かりやすいですし、ソロや少人数での演奏が多いですから、聞き取りやすいです。



まずはジョアンの真似をしてみるってのが良いですね。

学ぶの最初は真似るから始まりますから。



とりあえず「モノマネ」レベルの演奏なら、比較的簡単にできると思います。


ところが、ジョアンと全く同じに弾こうとすると、これがなかなか出来ない。


先ほどシンプルと書きましたけど、実は細かいところですごーく工夫してるんですね、ジョアンは。


小さなアクセントやリズムの揺れ、同時に鳴っているようで実はすこーしずらして弾いたりと、そりゃー難しいです。



ジョアンそっくりに弾きたい人は、頑張ってください(^_^)



で、ジョアンのスタイルを身につけたからといって、これで他の歌手の伴奏が出来るかというと、これが出来ない。

なぜかというと、ジョアンのギター伴奏って、ジョアンの歌のための伴奏なんです。



つまり、歌手がジョアン・ジルベルトじゃないと成立しないんですね。


日本にもジョアン・ジルベルトのスタイルにこだわるギタリストは多いですが、そういう人が他の歌手の伴奏をしているのを聴くと、どうもギクシャクしちゃってることが多い。


ジョアンのスタイルで歌えない歌手が悪いのか、ジョアンのスタイルでしか伴奏できないギタリストが悪いのか?(笑)


私自身は色んなスタイルの歌手の伴奏をしますし、ボサノバといっても色々なやり方があるので、幅広いスタイルの伴奏を身につけた方が良いと思っています。



それでも、やっぱりボサノバギターの基本スタイルはジョアン・ジルベルトのバチーダってこと、忘れちゃいけない。

なんつっても「ボサノバの神様」ですからね。




たくさんのギター伴奏の例を動画で公開中!参考にどうぞ。

カテゴリー「ギター伴奏の例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056842/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 洋楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056844/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 邦楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056843/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056846/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ロック、ポップス、ジャズ、ブルース」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056845/index.html
*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

|

« エレキマンドリンがやって来た | トップページ | サンバギターのスタイル〜バチーダとバイシャリーア〜 »

コメント

ジョアンの右手を真似して、さらには弾語りっていうのは難しいですよねぇー!(笑)恥ずかしいながら、私は感じだけ真似て後は諦めてます……。(笑)

自分のスキルに無理ないところで、歌に出来るだけ集中しないと弾語りが成立しなかったりでして……。(爆)てなことで、私のギターバッキングは情けないくらいのワンパターンになりますです……。(笑)

投稿: feifei | 2011/10/10 08:31

feifeiさん
レス遅くなって申し訳ありません。ジョアンのスタイル、そっくりそのまま真似ることはないと思います。feifeiさんはfeifeiさんの歌にあったスタイルのギターを身につければ、それが世に二つと無い個性になりますからね(^_^)

投稿: たけかず | 2011/10/19 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/52946879

この記事へのトラックバック一覧です: ボサノバギターの基本スタイル〜ジョアン・ジルベルトのバチーダ〜:

« エレキマンドリンがやって来た | トップページ | サンバギターのスタイル〜バチーダとバイシャリーア〜 »