« 7年間の感謝〜浅草橋ボーノボーノ ブラジル音楽デー最終回を終えて〜 | トップページ | Andrea Amorimライブ at Espeto Brasil〜アンドレア・アモリンさんのライブを鑑賞〜 »

2011/12/20

ワインを飲みながらミュージカル映画鑑賞会

ジャズのスタンダードと呼ばれる名曲の中には、ジョージ・ガーシュイン、コール・ポーター、ジェローム・カーン、リチャード・ロジャースといった作曲家たちが生み出した、ミュージカルの音楽がたくさんあります。ジャズを演奏される方は、そんな楽曲が使われたミュージカルに詳しい方も多いとは思いますが、私も昔、ジャズをやっていた一時期、アメリカのミュージカル映画を見まくった時期がありました。

そして昨日は、友人の家でワインを飲んでいたら、いつの間にやらDVDやYouTubeでミュージカル鑑賞会に。バーブラ・ストライザンドとルイ・アームストロング歌唱が印象的な「ハロー・ドーリー」、同じくストライザンドが最高の歌を聴かせてくれる「晴れた日には永遠が見える」、ジーン・ケリーが雨の中歌い踊る名場面で有名な「雨に唄えば」(ドナルド・オコーナーのコミカルでアクロバティックなダンスも最高!)、タップと言えばこの人、フレッド・アステアの名作の数々、ライザ・ミネリの圧巻の歌唱・・・。見始めると止まりませんね〜。

ああいったショーアップされたエンターテイメントの世界では、アメリカのパワーってほんとうに凄いです。こういったミュージカルの主演している役者さん、ダンサー、歌手たちっていうのは、その時々のアメリカのエンターテイメント界の頂点にいる人たちですから、その見る者を楽しませる技術は、本当に素晴らしい。

ミュージカルのストーリーって言うのは、あり得ないような陳腐な恋愛劇がほとんどなんですけど、なぜかいつの間にかエンターテイメントの世界に引き込まれてしまうのですよ。久しぶりにそんなミュージカルの世界にどっぷり浸って、懐かしくも楽しい時間を過ごしたのでした。


------------------------------
20111228_02


Live_rgb_blog_s

|

« 7年間の感謝〜浅草橋ボーノボーノ ブラジル音楽デー最終回を終えて〜 | トップページ | Andrea Amorimライブ at Espeto Brasil〜アンドレア・アモリンさんのライブを鑑賞〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/53528774

この記事へのトラックバック一覧です: ワインを飲みながらミュージカル映画鑑賞会:

« 7年間の感謝〜浅草橋ボーノボーノ ブラジル音楽デー最終回を終えて〜 | トップページ | Andrea Amorimライブ at Espeto Brasil〜アンドレア・アモリンさんのライブを鑑賞〜 »