« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/24

Desafinado(ジサフィナード)のコードを分析してみたのだが・・・

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=
アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲『Desafinado(ジサフィナード)』は、浮遊感漂う不思議なメロディとコード進行を持つ曲ですね。アルバム『ジャズサンバ』の大ヒットでジャズの世界でもスタンダードの一つに数えられるようになりました。私が初めて聴いたのも『ジャズサンバ』でした。サックスのスタン・ゲッツ、ギターのチャーリー・バードが中心に録音されたレコードで、最初はチャーリー・バードの不思議なギターソロ、なんだか分かりませんでした(笑)でも繰り返し聴くと、なんだか分からんけど心地良くなるんですね。ボサノバ・ファンの間では賛否両論あるスタン・ゲッツの一連のボサノバ・アルバム、確かにブラジル音楽として聴くとちょっと変ですが(^_^;、ジャズとボサノバの他流試合として聴くと、その混沌具合が麻薬的魅力だったりします。

この曲、私のソロギターのレパートリーにもなっています。coloのライブでもソロギターを弾くことがありますし、ソロギターのライブも11月にありますので、今後みなさんにもお聴かせ出来る機会があるかと思います。(^_^)

以下、この曲のコード分析を説明しようとして書いたんですが、途中で、文章だけで伝えるのは絶対不可能だと悟りました。読むだけ時間の無駄ですから、読まないでください(笑)。一応こんなこと書いたっていう記録として残しておきます。教室に来てくだされば、ギター弾きながら分かりやすく説明できるんですけどね〜(^_^;

(以下、途中で放棄したので推敲・校正してません。間違いなどあるかもしれませんので、ご了承ください。)
----------------------------
まずは出だしから二つ目のコード、2度セブンが♭5になっているのが印象的ですね。メロディもこのオイシイ音にしっかり行っています。最大のポイントは中間部の転調でしょう。3度メジャーへ転調しています。2度マイナー→3度セブン→6度マイナーはよくある進行ですが、そこから7度セブンへ→3度メジャーへ。2度マイナー→3度セブンでマイナー〜2度上のセブンスを出しておいて、4度進行で6度マイナーへ行き、そこでまたマイナー〜2度上のセブンスってのを度数を変えて繰り返すことによってスムーズに転調してます。ああ、言葉で説明するとぐちゃぐちゃでなんだか分からん(笑)たぶんこれじゃ伝わらないよな(^_^;
とりあえず、いきなり調号が4つ変わるんで、聴覚上の変化が大きいですね。ちょっと音楽かじってる人なら、転調したとはっきり分かるでしょう。

で、今度は3度上のメジャーから元のキーに戻る訳ですが、一度転調後のキーの♭3度上、元のキーから完全5度上のキー(属調)に転調して、そこから元のキーの6度マイナーをピボット(軸)にして元のキーに戻っています。・・・って、ここまで書いて自分で爆笑。こりゃぜったい誰にも分からん。あきらめた(笑)

----------------------------


たくさんのギター伴奏の例を動画で公開中!参考にどうぞ。

カテゴリー「ギター伴奏の例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056842/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 洋楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056844/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 邦楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056843/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056846/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ロック、ポップス、ジャズ、ブルース」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056845/index.html
*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/20

coloも出演『中央線ブラジル化計画 VAMOS ブラジる!?』終了

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

9月15・16日と二日間にわたって行われた『音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画 VAMOS ブラジる!?』、大盛況のうちに終了しました。

15日は出番は無かったんですが、まずは吉祥寺アウボラーダでBanda Cantina Luaのサンバを聴き、荻窪ルースターに移動して鈴木厚志さんのソロピアノ、そして前田優子さんwith 長澤紀仁さん、石川智さん、坂上領くんの演奏を聴きました。みなさん筋金入りのブラジル音楽アーティスト。素晴らしくかつ遊び心のある楽しいステージを堪能しました。

そして16日、13時から2ステージ、吉祥寺ストリングスでcoloのステージです。早い時間からみなさん駆けつけてくださって、1stステージから満席の盛況ぶり。毎度の常連さんの他、遠方にお住まいでなかなかライブに来れない友人・知人、初めてライブに来てくれた高校の同級生、以前からブログやYouTubeでcoloを知っていて応援してくださっている方。さらにこういうイベントならではの、チラシを見て来てくださった方、前日にラジオで告知を聞いて来てくださった方も。

02

ストリングスの壁にもブラジル国旗が!
01

coloの演奏はというと、そりゃーこれだけのお客さんに集まって頂いて気合い十分、最高のパフォーマンスが出来たと思います。お客さんたちにも大好評。足を運んでくださった先輩ミュージシャンからも過分なお褒めの言葉を頂き、感激です。

15時で出番終了ってことで、近くのカレー屋さんで腹ごしらえ(とビール)して、吉祥寺アウボラーダへ。ここからはお客としてライブ(とビール)を楽しみました。また、会場に出入りする出演者同士、あっちこっちで話に花が咲いていました。ミュージシャン同士が親交を深められるのも、こういったイベントの楽しみの一つですね。フォホー、ショーロ、そして最後はサンバで大盛り上がり。最高に楽しいイベントでした。

5つの会場のどのライブもほぼ満席、会場に入れなくて引き返した方も少なからずいらっしゃったんじゃないかと思います。この辺は次回への課題なんでしょうが、それでも大きなトラブルがあったという話しも聞きませんし、第一回としては大成功だったのではないかと思います。

会場に足を運んでくださったお客様、出演したミュージシャンの方々、各お店のスタッフ様、そして企画から運営まで仕切ってイベントを成功させたアウボラーダのクロさん、ありがとうございました!
みんな最高だぜぃ!



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/13

ブラジル音楽の種類(ボサノバ、サンバ、ショーロ、MPB、フォホー)

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2009621-0444.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=


週末に行われる『中央線ブラジル化計画』。

色んなバンドが演奏しますが、何を聴いて良いか分からない、という方のために、大ざっぱにブラジル音楽の種類について書いてみました。

今さら遅いっていう話もあるが(笑)


私なんかよりブラジル音楽にずっと詳しい諸先輩方がいらっしゃるのに、こんな記事を書いてお恥ずかしい限りですが、まあ私見ってことで。

間違いなどありましたらご指摘ください。


---------------------


Bossa Nova(ボサノバ、ボサノヴァ)

1950年代中〜後期にリオデジャネイロで誕生した、当時としては新しい感覚を持ったサンバの一種。


それまでのサンバやサンバカンソンの感情を表に出す表現に対し、歌もギターもアクセントや抑揚を抑え、シンプルかつ淡々と表現するのが特徴。


ハーモニーも現代音楽的(フランス近代音楽に大きな影響を受けている)であり、その洗練された表現と独特のサウダーヂ(日本語で言う哀愁に近いがイコールではないブラジル独特のテイスト)は日本でも人気が高い。


1960年代になるとアメリカのジャズミュージシャンの間で頻繁に取り上げられるようになり、映画「黒いオルフェ」のヒットと相まって世界中に広まった。


現在の日本ではカフェやレストランのBGMとして、またテレビ番組やCMでも頻繁に聴かれるなど高い人気を誇っているが、本国ブラジルで流行した期間は短く、最近の若者はほとんど知らないらしい。



本来のボサノバはサンバの一種であるが、日本にはアメリカ経由のジャズ化されたボサノバも入ってきており、またボサノバの雰囲気だけを真似た"ボサノバ風"の企画CDなども制作されており、それらが混同されて紹介されることも多く、一部で誤解が生じているという現実もある。

代表的なアーティストは

ジョアン・ジルベルト

アントニオ・カルロス・ジョビン

ヴィニシウス・モラエス

カルロス・リラ

ジョアン・ドナート

ホベルト・メネスカル

小野リサ

など。


代表曲は「イパネマの娘」。


Samba(サンバ)

19世紀末にバイーアで誕生し、その後リオデジャネイロで発展したと言われるダンス音楽。


ブラジルというとサッカー、そしてサンバを思い浮かべる人も多いと思うが、日本では誤解している人が多いのもサンバ。


日本人はサンバというと大人数の打楽器隊に羽を付けた派手な衣装のグラマラスな女性が激しく踊る、あれこそがサンバだと思っている人も多いが、あれはサンバ・エンヘードというカーニバル用のサンバであって、言ってみればお祭り用のサンバである。


もちろんサンバ・エンヘードも本物のサンバには違いないが、サンバにはもっとゆったりした曲やサンバカンソンと呼ばれるバラードもある。


ロックだってパンクやヘビメタみたいな激しい曲からイマジンやイエスタディみたいなバラードもあるわけで、サンバだってそれと同じく、色んなタイプの曲がある。

前述のように、ボサノバだってサンバの仲間なのだ。


スルドという大太鼓が鳴らす2拍子の上でタンボリンという高音の打楽器が細かいリズムを打ち鳴らす。

ギターやカヴァキーニョ(ウクレレに鉄弦を張ったような小型の弦楽器)がコードを刻み、その間を7弦ギターが縫うように走る。

もちろん主役は人の声=歌である。


こう書くだけで、ワクワクしてくるね。


ベッチ・カルヴァーリョ、クララ・ヌネス、アルシオーネはサンバ黄金期を支えたディーヴァたち。


フンド・ヂ・キンタウは小編成でのパゴーヂというスタイルでサンバの楽しさを伝えてくれる。


胸に染み入るような渋いサンバがお好みならカルトーラ、ネルソン・カヴァキーニョをどうぞ。


今も歌い継がれる名曲の数々を生み出したノエル・ホーザはブラジルの音楽史を代表する作曲家の一人。


んなことどれだけ書いたってサンバの魅力は文字では伝えられない。

とにかく聴いて、そのリズムに身をゆだねてみてくれ!



Choro(ショーロ)

1850〜1870年ごろにリオデジャネイロで成立したと言われる器楽音楽(歌無しのインストゥルメンタル)。


ヨーロッパ上流階級のダンス音楽であったワルツ、ポルカといった音楽と、アフリカから奴隷として連れてこられた黒人たちのリズムが融合して誕生した。


クラシックに由来する洗練された優雅さ、アフリカに由来する躍動的なリズムを併せ持っており、独特の哀愁ただようメロディも魅力である。


「ブラジルのジャズ」などと言う人もいるが、実はこちらの方が先に誕生しており、演奏に対する考え方や方法論もジャズとは全く違う。


日本で最も有名なショーロの曲「Tico Tico No Fuba」は今から約100年も前に作曲された。

その頃活躍したエルネスト・ナザレーの「オデオン」、「ブレジェイロ」も今でも頻繁に演奏される。


ショーロのスタンダードとも言える名曲の数々を残したのはピシンギーニャとジャコー・ド・バンドリン。

ピシンギーニャは"ブラジル音楽の父"と呼ばれ敬愛されており、ジャコー・ド・バンドリンはその名の通り、歴代最高のバンドリン奏者として伝説的存在となっている。


現在ブラジルではショーロ学校で多くの学生が学んでおり、150年もの伝統を持つ音楽であるが、まだまだ新しい才能が生まれる可能性を秘めていると言える。



MPB(エミペーベー)

ムジカ・ポプラール・ド・ブラジレイラ=ブラジリアン・ポピュラー・ミュージックの略。

ボサノバの流行後にそれと入れ替わるように登場した、ブラジルのポピュラー音楽。


ロックなど欧米の影響を受けつつ、ブラジル音楽の要素も残しており、様々なスタイルの名曲を生み出した。


アルバムごとに作風を変えながら常にクオリティの高い作品を作り続けるカエターノ・ヴェローゾ。

サンバやマルシャなどブラジル伝統音楽に根ざしながらも新たな名曲を生みだし敬愛を集めるシコ・ブアルキ。

ブラジル歴代最高の女性歌手とも言われるエリス・レジーナ。

ジャズ/フュージョンの世界でも活躍するイヴァン・リンス。

その他、ガル・コスタ、ジョイス、ジルベルト・ジル、ジョルジュ・ベンジョール、ジャヴァン、ミルトン・ナシメントなどそれぞれが個性溢れる名曲・名演を残している。


CDショップなどではワールドミュージックに分類されるが、普通にポピュラー音楽として違和感無く受け入れられるサウンドだ。



Forro(フォホー)

ブラジル北東部(ノルデスチ)で誕生した大衆ダンス音楽。

ザブンバと呼ばれる両面太鼓とトライアングル、アコーディオン、ギターなどに乗って歌われる、浮き立つような楽しいリズムが特徴の音楽である。


ルイス・ゴンザーガらの活躍でブラジル全土で聴かれるようになったが、良い意味での田舎テイストを残した素朴で独特の味わいあるサウンドも人気の理由だ。


ノルデスチにはフォホーの他にバイアォン、ショッチなど多くのリズムが存在し、多彩な大衆音楽世界を作り上げている。



その他にもMarcha(マルシャ=ブラジル風マーチ)、Frevo(フレーヴォ)、Sertanejo(セルタネージョ=ブラジルのカントリー音楽)、Axe(アシェ)など様々な音楽がありますが、その辺は詳しくないので誰か、書いてくださ(笑)


このように世界的にも有数の豊かな音楽世界を作り上げているブラジル。

その魅力はどんなに言葉を尽くしても文字では伝えられません。

ぜひライブ会場に足を運んで、実際に体感してみてください。

そして、そこから抜けられなくなってください(笑)



カテゴリー「ギター伴奏の例 ブラジル音楽」ではボサノバ、サンバなどを中心に様々なブラジル音楽の伴奏を動画で紹介しています。そちらも参考にご覧下さい。
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056842/index.html



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


長崎桜と山崎岳一によるアコースティックデュオ、coloの1st CD『Escaleta e Violao』、好評発売中!

colo『Escaleta e Violao』(コロ/スカレッタ・イ・ヴィオラォン)
CLBKL-10001
¥2,500(税込)
発売元:COLOBOCKLY RECORDS

現在は直接販売のみになっておりますので、ご希望の方はお前、枚数、送付先を記載の上、下記アドレスまでご連絡ください。送料無料、振込手数料(みずほ銀行)は購入者様にご負担いただきます。
オフィスcolo colo@mbf.nifty.com


作品紹介
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Movie.html

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/12

ショーロが生まれた頃、日本では・・・

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

coloが演奏するブラジルのショーロという音楽が生まれたのが19世紀半ば、1850〜70年頃と言われています。ヨーロッパの音楽史でいうと、ロマン派の時代。ショパン、シューマン、シューベルト、ワーグナー、ブラームス、ブルックナー、メンデルスゾーン、ヴェルディ、リスト、マーラー、R.シュトラウス、J.シュトラウス・ファミリーら多くの作曲家が活躍し、多くの名曲が生み出されました。そのロマン派の名曲たちが海を渡り、ショーロの誕生に大きな影響を及ぼした訳です。

日本はその頃、ちょうど幕末ですね。幕末から明治初頭にかけて、日本ではどんな音楽が流行っていたんでしょう?

江戸時代の音楽文化というと、武士は能楽、庶民は長唄がまず思い浮かびます。さらに浄瑠璃音楽である義太夫、常磐津などもあります。浄瑠璃の中でも比較的新しい新内、清元、お座敷で歌われた端唄や小唄などは幕末頃に流行っていたのでしょうね。明治になると浪曲(浪花節)が流行り始めます。この辺は今や古典芸能ですが、文明開化と共に西洋のクラシック音楽も日本に入ってくるようになり、やがて滝廉太郎、山田耕筰、中山晋平ら、日本でも西洋音楽に影響を受けた作曲家たちが活躍するようになるのですね。

ショーロの素晴らしさのひとつに、初期の19世紀の作品から20世紀に活躍したピシンギーニャ、ジャコー・ド・バンドリン等の曲、さらに今まさに現役で活躍しているミュージシャンの作品までが、現役のポピュラー音楽として区別無く演奏されるという事があると思います。coloでは現在はピシンギーニャとジャコーの曲が多いんですが、これから色々な作曲家たちの作品を紹介して行きたいなと思っていますし、いずれは自分たちのオリジナルも、そんな中に交えて演奏できたらと、小さな野望を抱いているのであります。

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/11

サンワサプライUSBスピーカーMM-SPU2SV購入

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

MacBookの音声は、USBオーディオインターフェイスからオーディオ装置を通してスピーカーから出してるんだけど、ちょっとYouTubeで遊んだりネットラジオを聴いたりするのにいちいちインターフェイスやらステレオ装置の電源を入れるのは面倒だし、電気の無駄。もちろんMacBook本体のスピーカーはショボ過ぎる。ってわけで、USBスピーカーを買ってみた。

P1030990

サンワサプライのMM-SPU2SV。両脇の丸いやつね。大きさはソフトボールぐらい。電源をUSBから取れるので、配線がすっきりして良い。音は、、、音楽鑑賞には厳しいけど、上記の用途、ちょっとネットラジオやYouTubeを聴くのには使える。ようするにオーディオ用スピーカーとPC内蔵スピーカーの中間という、ごく当たり前の結論なのだった。購入価格1,650円を考えたら、こりゃ十分でしょう。

サンワサプライはMM-SPL5BKってのを母親のポータブルCDプレイヤー用に買った事があって、これも値段の割りにそれなりに使えるんで、なかなかやるなと思っている。

でも、やっぱりどちらも音楽をしっかり鑑賞するには物足りないので、音楽鑑賞という用途には、もうちょっとお金をだしてしっかりしたスピーカーを買いましょうね。

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

地元の後輩の結婚パーティでした

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

今日は地元の後輩にして行きつけのバーのバーテン、ひろきの結婚式でした。自分は二次会のみの参加でしたが、二人の幸せそうな姿に感激することしきり。地元の先輩、後輩、バーの常連さんたち、新郎新婦の学生時代からのお仲間。大勢に祝福され、本当に幸せそうな二人でした。あやかりたい(笑)

二人の最初の共同作業
Hirokiwedding

会場に現れた謎のマスクマン(正体バレバレ)
Chikara

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/08

ちょっと遅くなりましたが浅草サンバカーニバル2012見物記です

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

ちょっと前になりますが、8月最後の土曜日、恒例の浅草サンバカーニバルを見物に行きました。見物に出かけたというより、ほとんど地元なんで、散歩気分でぶらり。ゴール地点に着くと、ちょうどオープニングパレードがやって来ました。見知った顔も何人も居て、まずはご挨拶。

S2リーグには度々ライブで共演させて頂いている名古屋のサンビスタ、ゲーリー杉田さん率いるウルバナも出場するので、出発時間を狙ってスタート地点へ。ゲーリーさんやサンバデュオの相棒・ちかこちゃんらに声援を送ると、今度は先回りしてゴール地点へ。見る方も忙しいのだ(笑)ウルバナのゴールを見た後、次に続くカンタブラジル行進部を見て、ここでいったん休憩。ホッピー通りでビール補給!しました。

ここでツイッターを見ると、友人がいつものスタバに居るってんで、そちらにいったん合流。その後、別の友人たちが沿道で場所を取っているのを見つけ、そちらに合流させて頂きました。これはゆっくり落ち着いて見物できましたね。落ち着いてとは言っても、友人一同、各チームにそれぞれ友人知人はたくさん居るので、各チームが前を通ると総立ちになって声援を送ります。沿道も盛り上がりました!混ぜてくださった吉祥寺AのKさん、ありがとうございました〜(^_^)

最後のサウージを見送ると場所をたたんで後片付け、そして再びホッピー通りへ。いつものお店にいつもの面々が集まってきます。店先のテーブルを囲んであっちこっちでパゴーヂが始まりました。このパレード終了後の大宴会もまたこの日の楽しみの一つ。っつーか、俺的にこちらが本番(笑)飲んで歌って弾いて、あっちこっちの店に顔を出して友人を見つけてはおしゃべり。なにをしゃべったかは酔っ払って居てあんまり覚えてませんが(笑)、すごく楽しかったことは覚えてます。

この日、浅草でお会いした皆さん、ありがとうございました〜。各エスコーラの出場者&スタッフのみなさん、お疲れ様でした。そしてサウージの皆さん、二連覇おめでとうございます!

また来年、一緒に騒ぎましょ〜!!!

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/07

9/15・16は『音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画 VAMOS(ヴァーモス)ブラジる!?』です

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=


9月15日(土)、16日(日)の二日間、吉祥寺、荻窪界隈にてブラジル系ライブハウス、ショップ5店舗が手を組んだビッグイベント、『音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画 VAMOS(ヴァーモス)Brasiる!?』が開催されます。


吉祥寺Alvoradaの店主・くろさんが長年温めてきたというこの企画、詳細はオフィシャルサイトやブログを見て頂くとして、coloは16日(日)の13時からと14時からの2枠、吉祥寺Stringsに出演します。


Brasil_event_2


既に新聞や雑誌など多くのメディアで紹介され、盛り上がること必至のこのイベント。

出演アーティストは総勢70名以上。

2日間・5店舗で65のライブが行われ、Strings夜の部以外はチャージはチップ制ですし、スタンプラリーもありますので、あっちこっちのお店をハシゴして、ぜひ奥深いブラジル音楽の世界を堪能してください。


特に16日の日曜日は、まずStringsでcoloを聴いて、それから他のお店に足を運ぶのがお薦めです(^_^)


公式サイトはこちら
http://music.main.jp/brazil/

オフィシャルブログ
http://chuosenbrasil.pokebras.jp/

ツイッター
https://twitter.com/VAMOSBRAZIL

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/06

coloライブ/京花バンドライブ終了!

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

先週は水曜日(8/29)にcolo、金曜日(8/31)に吉村京花バンドのライブがありました。

ツイッターなどにはちょっと前から休符の練習をしている、なんてことを時々つぶやいてきましたが、この二つのライブ、後で録音を聴いて、その効果がバッチリ実感できる演奏ができました。もちろん、まだまだ完璧ってわけではない。まだまだ鍛え直さなければならない部分はたくさんあります。でも、一番気になっていた悪い癖が改善されて、大げさに言ってしまうと、ブラジル音楽を演奏し始めて、初めて自分でリズムに関して納得のいく演奏が出来たと思っています。

前のブログ記事に8月4日の演奏の動画を載せましたが、あれから一ヶ月弱しか経っていないのに全然違う。自分で驚いています。一ヶ月で変わったというより、これまでやってきた色々なリズム練習の効果が一気に出たってことでしょう。やっぱり基礎練習を地道に積み重ねるって、大事なことなんですよね。改めて実感しました。

京花バンドのライブには、サンバギタリストK氏の息子さんがギターを持って遊びに来てくれました。まだ荒削りな所はありますが、演奏も人柄も良いし、エンターテイナーとして人を惹きつける魅力があります。将来が楽しみですね(^_^)

------------------------------------------

次のライブはビッグイベント『音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画 VAMOS(ヴァーモス)ブラジる!?』にcoloで出演します。過去にcolo、コロボックリのライブを聴いてくださった方々にも、改めて進化したcolo聴いて頂きたいと思うのです。

あ、京花バンドの写真が無い・・・(-_-;

P1010483


P1010495

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/09/03

8/4池部楽器店 鍵盤堂さんでのイベントライブ動画

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

8/4(土)に行われた池部楽器店 鍵盤堂さんでのイベントライブの動画がYouTubeにアップされました。長崎桜が使うメロディオンの鈴木楽器さんの紹介で実現したこのイベント。演奏の合間には楽器紹介や鍵盤ハーモニカにまつわる色々な話題もあり、お客様たちはみなさん興味津々の様子でした。動画にはそんなトークの一部も収録されています。

動画の音は鍵盤ハーモニカの音が聞こえやすいように低音がカットされていますので、可能な方はEQで低音を持ち上げると、鍵盤ハーモニカと7弦ギターのバランスがとれた、より実際に近い音でお聴き頂けると思います。

鍵盤ハーモニカのイベントですから、当然ですが長崎桜を大フィーチャー。桜ファンにはたまらない映像となっております(笑)


*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »