« サンワサプライUSBスピーカーMM-SPU2SV購入 | トップページ | ブラジル音楽の種類(ボサノバ、サンバ、ショーロ、MPB、フォホー) »

2012/09/12

ショーロが生まれた頃、日本では・・・

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

coloが演奏するブラジルのショーロという音楽が生まれたのが19世紀半ば、1850〜70年頃と言われています。ヨーロッパの音楽史でいうと、ロマン派の時代。ショパン、シューマン、シューベルト、ワーグナー、ブラームス、ブルックナー、メンデルスゾーン、ヴェルディ、リスト、マーラー、R.シュトラウス、J.シュトラウス・ファミリーら多くの作曲家が活躍し、多くの名曲が生み出されました。そのロマン派の名曲たちが海を渡り、ショーロの誕生に大きな影響を及ぼした訳です。

日本はその頃、ちょうど幕末ですね。幕末から明治初頭にかけて、日本ではどんな音楽が流行っていたんでしょう?

江戸時代の音楽文化というと、武士は能楽、庶民は長唄がまず思い浮かびます。さらに浄瑠璃音楽である義太夫、常磐津などもあります。浄瑠璃の中でも比較的新しい新内、清元、お座敷で歌われた端唄や小唄などは幕末頃に流行っていたのでしょうね。明治になると浪曲(浪花節)が流行り始めます。この辺は今や古典芸能ですが、文明開化と共に西洋のクラシック音楽も日本に入ってくるようになり、やがて滝廉太郎、山田耕筰、中山晋平ら、日本でも西洋音楽に影響を受けた作曲家たちが活躍するようになるのですね。

ショーロの素晴らしさのひとつに、初期の19世紀の作品から20世紀に活躍したピシンギーニャ、ジャコー・ド・バンドリン等の曲、さらに今まさに現役で活躍しているミュージシャンの作品までが、現役のポピュラー音楽として区別無く演奏されるという事があると思います。coloでは現在はピシンギーニャとジャコーの曲が多いんですが、これから色々な作曲家たちの作品を紹介して行きたいなと思っていますし、いずれは自分たちのオリジナルも、そんな中に交えて演奏できたらと、小さな野望を抱いているのであります。

*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

|

« サンワサプライUSBスピーカーMM-SPU2SV購入 | トップページ | ブラジル音楽の種類(ボサノバ、サンバ、ショーロ、MPB、フォホー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/55635671

この記事へのトラックバック一覧です: ショーロが生まれた頃、日本では・・・:

« サンワサプライUSBスピーカーMM-SPU2SV購入 | トップページ | ブラジル音楽の種類(ボサノバ、サンバ、ショーロ、MPB、フォホー) »