« 二夜連続ライブでした:その1〜ゲーリー杉田サンバライブ | トップページ | ある日のレッスン〜ボサノバ中・上級編〜こんな感じでレッスンを進めています »

2012/10/13

二夜連続ライブでした:その2〜東輝美、マシュー&たけかず

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=


前日のエスペートブラジルに続き、この日はプラッサオンゼで東輝美ちゃん、宮澤摩周くんと私のトリオで演奏。


前回のプラッサは輝美ちゃんとデュオでしたが、今回はそこにマシューくんの強力パーカッションが加わったわけです。


Praca


ボサノバ、サンバ、ショーロ、フォホー、バイァオン、オリジナル、さらにチャップリンやクラッシュまで、バリエーションに富んだ選曲、しかも輝美ちゃんのオリジナル歌詞がついた曲もあって、それがまた面白い。

「Odeon」「Apanheite Cavaquinho」「Smile」の日本語詞は絶品だし、輝美ちゃんが一人で弾き語りしたクラッシュの曲(タイトルはなんだったか?)の日本語詞も格好良かったなぁ。


オリジナル「イヤ大変でした」は輝美ちゃんの気持ちが込められた名曲。


やっぱり天賦の才を持ってるよ、彼女は。

マシューくんはバランサやブロコでの活動が目立つのでサンバ一辺倒の人だと思われがちですが、そんなことはなくて、ショーロやノルデスチの曲でも気持ち良いグルーヴを生み出してくれます。

そんな二人に乗せられ、自分も気合い満点で演奏。


7弦ギターはサンバやショーロの伴奏することが多いんですが、このトリオではソリストとしてバリバリ弾きまくります。

アップテンポの曲では珍しくフラットピックを持ってゴリゴリ弾きまくる場面も。


たまにはこうしてソロを弾きまくるのも気持ち良いね〜(^_^)

そういえば、ライブ中に即興でこのトリオに名前が付いたはずですが、、、覚えてません(笑)。


この次までに輝美ちゃんに聞いておきます。

追記:トリオ名、Trio Logistico(トリオ・ロジスチコ)だそうです。

初めてこの三人で演奏したのが東京流通センターだったという、まあ、至ってシンプルな理由なのでありました。



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*

colo 1st CD「Escaleta e Violao」
ディスクユニオン、タワーレコード、アマゾンほかで絶賛発売中!
詳細はこちら
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://youtu.be/g6LKlUK8KWI

Front_jacket01_mini

|

« 二夜連続ライブでした:その1〜ゲーリー杉田サンバライブ | トップページ | ある日のレッスン〜ボサノバ中・上級編〜こんな感じでレッスンを進めています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/55882888

この記事へのトラックバック一覧です: 二夜連続ライブでした:その2〜東輝美、マシュー&たけかず:

« 二夜連続ライブでした:その1〜ゲーリー杉田サンバライブ | トップページ | ある日のレッスン〜ボサノバ中・上級編〜こんな感じでレッスンを進めています »