« 意外な盛り上がり? 10/19昼の部はcoloライブ at 浅草オレンジルームでした | トップページ | あの頃のナンパ事情〜1980年代の記憶〜 »

2014/11/18

Sambaには欠かせない!〜カヴァキーニョげっと〜!

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html


=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

サンバには欠かせない弦楽器、カヴァキーニョを入手しました。

01

カヴァキーニョ、カヴァコとも言いますが、ご覧の通り、ウクレレみたいな小さな楽器です。弦の数も4本でウクレレと一緒。ウクレレがナイロンの弦でポロロ〜ンっていう優しい音なのに対し、カヴァキーニョはフォークギターのような鉄の弦が張ってあり、甲高いキャンキャンした金属音で響きます。

サンバもショーロも、これが入るとグッとブラジルの雰囲気が出ます。チューニングは通常は太い方からD,G,B,DというオープンGなんですが、D,G,B,Eで弾く人もいます。後者だとギターの1〜4弦の1オクターブ上になるので、ギターのコードフォームがそのまま使えます。

僕はギターチューニングで弾くつもり。これならコードもメロディも弾けるし、アドリブもいけます。でも、とにかく小さくて左手の指が指板の上に収まらない(^_^; 慣れが必要ですね。

問題は、右手の振り。ギターだと基本的にオルタネイト(ダウン、アップを交互に弾く)なんですが、カヴァキーニョはダウン中心でちょっとアップが入ります。で、アップが入るところがリズムによって色々なんで、そこを研究しないとな〜。右手の振り方によってアクセントやリズムの訛り方が変わってくるので、いいかげんには出来ないのです。

それで、これが弾きながら歌うのが難しい。オルタネイトなら簡単に歌えるんだけど、、、これも練習しなくちゃだな。

でも弾いてると楽しいし、小さいからどこにでも持って行けるしなので、とりあえず練習して、カヴァキーニョでホーダ・ジ・ショーロに参加出来るように頑張ろう!



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


colo 1st CD「Escaleta e Violao」
CLBKL-10001/¥2,500-
COLOBOCKLY RECORDS

Front_jacket01_mini

|

« 意外な盛り上がり? 10/19昼の部はcoloライブ at 浅草オレンジルームでした | トップページ | あの頃のナンパ事情〜1980年代の記憶〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/60671283

この記事へのトラックバック一覧です: Sambaには欠かせない!〜カヴァキーニョげっと〜!:

« 意外な盛り上がり? 10/19昼の部はcoloライブ at 浅草オレンジルームでした | トップページ | あの頃のナンパ事情〜1980年代の記憶〜 »