« エグベルト・ジスモンチのこと | トップページ | 長澤紀仁さんとデュオライブ終了! »

2015/01/24

ミルトン・ナシメントのこと

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/2009621-0444.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html


=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

素晴らしい楽曲と歌声で"ブラジルの声"とも言われるミルトン・ナシメント。

まだブラジル音楽にはまる前、ジャズをやっていた頃に出会ったのが、ミルトン・ナシメントをフィーチャーしたウェイン・ショーターのアルバム『Native Dancer』です。

不思議なメロディ、ハーモニー、リズム。浮遊するようなファルセットボイス。ジャズとは全く違った世界ですが、なぜか魅了され、愛聴盤の1枚になったのでした。

ブラジル音楽をやるようになってボーカルの方と共演すると、たびたび演奏するのが『Travessia』。ボサノバ歌手の定番曲になってますね。それから『Encontros e Despedidas』。"出会いと別れ"と訳されるこの曲も美しいことこの上ないですね。

ライブで『Miragre dos Peixes』に挑もうとしたんですが、変拍子のリズムが合わなくて断念したことも(^_^;

いわゆるミナス・サウンドと呼ばれるミルトン一派の音楽は、ボサノバやサンバ、ショーロとはかなり違ったサウンドですが、ブラジルの大きな大陸を思わせる大らかな音楽、魅力ありますね。

ブラジル音楽ファンのみならず、ジャズやポップスファンにも支持されるミルトン・ナシメント、ぜひ聴いてみてください。



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


長崎桜と山崎岳一によるアコースティックデュオ、coloの1st CD『Escaleta e Violao』、好評発売中!

colo『Escaleta e Violao』(コロ/スカレッタ・イ・ヴィオラォン)
CLBKL-10001
¥2,500(税込)
発売元:COLOBOCKLY RECORDS

現在は直接販売のみになっておりますので、ご希望の方はお前、枚数、送付先を記載の上、下記アドレスまでご連絡ください。送料無料、振込手数料(みずほ銀行)は購入者様にご負担いただきます。
オフィスcolo colo@mbf.nifty.com


作品紹介
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

試聴動画
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Movie.html

Front_jacket01_mini

|

« エグベルト・ジスモンチのこと | トップページ | 長澤紀仁さんとデュオライブ終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/61021201

この記事へのトラックバック一覧です: ミルトン・ナシメントのこと:

« エグベルト・ジスモンチのこと | トップページ | 長澤紀仁さんとデュオライブ終了! »