« サンバの伴奏の例〜バチーダ〜 | トップページ | Cafezinho第2回公演大成功! »

2016/01/30

ボサノヴァのギター伴奏の例〜イパネマの娘を題材に

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

次のライブは1/31(日) Cafezinho at 浅草オレンジルーム。詳細は↓↓↓
【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【Twitterで質問受け付けます 〜ギターのこと、音楽のこと〜】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/twitter-ccbf.html


=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

ネット上にボサノヴァギターの例は色々載っていますが、その多くがリズム間違ってるんですよね。

まあ、ボサノヴァと一口に言っても、本来のブラジルのボサノヴァと、ジャズミュージシャンがやるアメリカナイズされたボサノヴァは違いますから、その辺も混乱の元ですね。

普段からボサノヴァやブラジル音楽をやって、上記のようなことも含めて、ちゃんと分かっている人が紹介してるんなら良いんですけど、普段ロックやらジャズやらをメインにやっていて、ボサノヴァはちょっとかじっただけ、みたいな人の記事は、首をかしげるようなものが多いです。

僕のYoutube動画を見た後に、参考動画が色々表示されますけど、参考にしちゃイカンのもありますので、注意しましょう(笑)

参考にするのなら、少なくともボサノヴァやブラジル音楽をメインに活動している人の記事や動画を参考にしましょう。

というわけで、『イパネマの娘』を題材に、ボサノヴァの伴奏の例を。

リズムのシンコペーションする場所に注意して、聴いてみてください。

歌のリズムとギターの刻みの噛み合い具合が分かるようにと、一応歌ってますが、歌は本職じ­ゃないので、音程も発音もいいかげんです。歌は参考にしないようにね。(^_^;



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


長崎桜と山崎岳一によるアコースティックデュオ、coloの1st CD『Escaleta e Violao』、好評発売中!

colo『Escaleta e Violao』(コロ/スカレッタ・イ・ヴィオラォン)
CLBKL-10001
¥2,500(税込)
発売元:COLOBOCKLY RECORDS

現在は直接販売のみになっておりますので、ご希望の方はお前、枚数、送付先を記載の上、下記アドレスまでご連絡ください。送料無料、振込手数料(みずほ銀行)は購入者様にご負担いただきます。
オフィスcolo colo@mbf.nifty.com

|

« サンバの伴奏の例〜バチーダ〜 | トップページ | Cafezinho第2回公演大成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/63139636

この記事へのトラックバック一覧です: ボサノヴァのギター伴奏の例〜イパネマの娘を題材に :

« サンバの伴奏の例〜バチーダ〜 | トップページ | Cafezinho第2回公演大成功! »