« 腰痛持ちだったけど、荷物の持ち方で改善 | トップページ | 6/4(土)は蔵前(三筋)のGardenにて五十嵐歩美ちゃんとショーロライブです »

2016/05/25

記録された音楽を再生する〜(1)オルゴール

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【初心者向け ウクレレ入門コース】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-3961.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html



=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

テレビ東京の「開運!なでも鑑定団」は、長いこと見ている好きな番組。鑑定品にまつわる歴史や詳細な解説も大きな魅力だ。

その中で、アンティークなディスクオルゴールの鑑定があり、興味深い事を言っていた。大型のオルゴールはパブなどに置かれ、当時は後のジュークボックスのような役割で人気があった。それが蓄音機の発明により、淘汰されたというのだ。

なるほど、記録された音楽の再生という意味では、レコード以前にオルゴールがあった訳だ。

オルゴール以前には、複数の鐘を組み合わせて旋律を演奏するカリヨンという楽器の自動演奏式のものがあったというが、これは基本的に楽器であろう。

人間が生演奏以外で気軽に再生音楽を楽しめるようになったのは、ゼンマイによる自動演奏のオルゴールが最初であったのだろう。

今はオルゴールというと小型の、お土産かプレゼント程度のものが多いが、鑑定団に出ていたものは食器棚と一体になったもので、それは大がかり。音色もテレビで聴いてとてもふくよかに聞こえたので、実際に生で聴いたら、素晴らしいのだろう。

そうやって、長い人間と音楽との繋がりという流れの中で改めて捉えると、オルゴールというものに、改めて愛着を感じるなぁ。

曲目をオーダーできるオルゴールもあるようだから、好きな曲のオルゴールをひとつ、購入してみようかな。



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


長崎桜と山崎岳一によるアコースティックデュオ、coloの1st CD『Escaleta e Violao』、好評発売中!

colo『Escaleta e Violao』(コロ/スカレッタ・イ・ヴィオラォン)
CLBKL-10001
¥2,500(税込)
発売元:COLOBOCKLY RECORDS

現在は直接販売のみになっておりますので、ご希望の方はお前、枚数、送付先を記載の上、下記アドレスまでご連絡ください。送料無料、振込手数料(みずほ銀行)は購入者様にご負担いただきます。
オフィスcolo colo@mbf.nifty.com

|

« 腰痛持ちだったけど、荷物の持ち方で改善 | トップページ | 6/4(土)は蔵前(三筋)のGardenにて五十嵐歩美ちゃんとショーロライブです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/63679955

この記事へのトラックバック一覧です: 記録された音楽を再生する〜(1)オルゴール:

« 腰痛持ちだったけど、荷物の持ち方で改善 | トップページ | 6/4(土)は蔵前(三筋)のGardenにて五十嵐歩美ちゃんとショーロライブです »