« ショーロ ソロギターの例 Naquele Tempo (Pixinguinha) | トップページ | ギター伴奏 アルペジオの例 中島みゆき「糸」 »

2016/11/01

ギター伴奏 16ビートストロークの例 スピッツ「チェリー」

【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html



=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=

スピッツの「チェリー」で16ビートのストロークの例。スピッツのレコーディングではエレクトリックギターでカッティングしていますが、ここではアコギで。

ストロークのコツは、ピックをソフトに持って、手首を柔らかくしなやかに振ること。ピックを強く握りすぎたり手首が硬くなると、音もガシャガシャの汚い音色になってしまいます。手首を鞭のようにしなやかに使って、柔らかく、それでいてシャープに振り抜くと、美しい音色でしかもしっかりリズムが刻めます。

ストロークとカッティングの違いなんていう話題も時々出ますが、ストロークは右手の振り、カッティングは左手のミュートまでひっくるめてって感じで解釈しています。あと、ストロークはアコギ、カッティングはエレキなイメージもありますが、これは僕の勝手な印象ですね。

言葉の使い方って時代によっても変わりますから、あんまり細かいことは気にしなくて良いかと思います。今はタッピングって言われている技術も、僕がギターを弾き始めた頃はライトハンド奏法なんて言いましたからね。

あと、8ビートとか16ビートとかっていう言い方、これは日本だけの言い方で、海外の方には通じませんので、ご注意を。


この他にもたくさんの動画を公開中!

カテゴリー「ギター伴奏の例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056842/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 洋楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056844/index.html

カテゴリー「ギター伴奏の例 邦楽ロック、ポップス」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056843/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ブラジル音楽」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056846/index.html

カテゴリー「ソロギターの例 ロック、ポップス、ジャズ、ブルース」
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/cat24056845/index.html



*=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=**=*=*=*=*


長崎桜と山崎岳一によるアコースティックデュオ、coloの1st CD『Escaleta e Violao』、好評発売中!

colo『Escaleta e Violao』(コロ/スカレッタ・イ・ヴィオラォン)
CLBKL-10001
¥2,500(税込)
発売元:COLOBOCKLY RECORDS

現在は直接販売のみになっておりますので、ご希望の方はお前、枚数、送付先を記載の上、下記アドレスまでご連絡ください。送料無料、振込手数料(みずほ銀行)は購入者様にご負担いただきます。
オフィスcolo colo@mbf.nifty.com


作品紹介
http://homepage2.nifty.com/pm_z7119/colo_official_site/Discography.html

|

« ショーロ ソロギターの例 Naquele Tempo (Pixinguinha) | トップページ | ギター伴奏 アルペジオの例 中島みゆき「糸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/64429505

この記事へのトラックバック一覧です: ギター伴奏 16ビートストロークの例 スピッツ「チェリー」:

« ショーロ ソロギターの例 Naquele Tempo (Pixinguinha) | トップページ | ギター伴奏 アルペジオの例 中島みゆき「糸」 »