« 西野春平 エレガット 1990年製 動画で紹介(生音のみ) | トップページ | 本日の練習 ソロギターでリズムを歌う「One Note Samba」 »

2018/01/22

東京は数年に一度の大雪/本日の練習 伴奏を歌う「Corra e Olha o Ceu」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

東京は数年に一度の大雪で、会社もお店も早じまいが多かった様で。夜10時で蔵前はこんな感じで、まだ降り続いてます。これは明日の朝が大変だな〜。

Img_9417

で、本日の練習、題材はカルトーラの「Corra e Olha o Ceu」。同じバチーダを弾くのでも、曲によって、あるいは同じ曲の中でもメロディのラインや歌手の歌い方などによって変化を付けなければなりません。

歌に合わせて伴奏を歌うイメージ。右手の弾く位置や弦の弾き方を変えれば音色が変わります。アクセントの位置を変えたり、リズムの歌い方を変えたり、いくらでも工夫は出来るし、その場で即興で変化させるのもあり。

ただし、ギターだけで好き勝手やって良いわけがなく、あくまでも歌メロディに寄り添い邪魔をせず、歌と伴奏が融け合って一つの表現になるよう意識します。練習の時でも、歌や多のパートをイメージしながら練習すると良いですね。


|

« 西野春平 エレガット 1990年製 動画で紹介(生音のみ) | トップページ | 本日の練習 ソロギターでリズムを歌う「One Note Samba」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/66311242

この記事へのトラックバック一覧です: 東京は数年に一度の大雪/本日の練習 伴奏を歌う「Corra e Olha o Ceu」:

« 西野春平 エレガット 1990年製 動画で紹介(生音のみ) | トップページ | 本日の練習 ソロギターでリズムを歌う「One Note Samba」 »