« 本日の練習 ボサノバのソロギター「Desafinado」 | トップページ | 本日の練習 ジャズのソロギター「Autumn Leaves」 »

2018/02/28

本日の練習 ボサノバのソロギター「Meditacao」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

アントニオ・カルロス・ジョビンの「瞑想」(Meditation)です。

ボサノバは中産階級の音楽と言われます。中産階級といっても貧富の差が激しいブラジルではけっこうなお金持ち。仕事にもお金にもそれなりに満足していて、大きな声で他者に何かを訴えなくていい人達の音楽。それだけに、その表現はクールで抑圧的。ボーカルも大声で歌い上げるようなことはせず、囁くように淡々と。

ボサノバギターの第一人者としてまず名前が挙がるバーデン・パウエルはアグレッシブで激しいスタイルですが、あれはボサノバ的な表現とは言えないでしょう。もちろんバーデンはバーデンで素晴らしいのは間違い無いですけどね。


淡々と、クールに、それでいてサウダーヂを感じさせるように。サンバやショーロとは全く違った表現になりますが、そこが日本人には合っているんでしょうね。

|

« 本日の練習 ボサノバのソロギター「Desafinado」 | トップページ | 本日の練習 ジャズのソロギター「Autumn Leaves」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78788/66444420

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の練習 ボサノバのソロギター「Meditacao」:

« 本日の練習 ボサノバのソロギター「Desafinado」 | トップページ | 本日の練習 ジャズのソロギター「Autumn Leaves」 »