« ギター初心者へのワンポイントアドバイス キレの良い8ビートストロークのコツ | トップページ | ギター初心者へのワンポイントアドバイス チョーキングのコツ「ドアノブをひねるように」 »

2019/12/18

ギター初心者へのワンポイントアドバイス 16ビートのカッティングのコツ

 ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html


 


【専門家に習おう!】ボサノバ、サンバ、ショーロ
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-8956.html


 


【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html


【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html


 


【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html ※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑


 


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


 


ソウルミュージックやファンク、ブラックコンテンポラリーミュージック、AORにフュージョン。名手によるかっこいい16ビートのカッティングが聴かれます。僕のおすすめは、エリック・ゲイル、コーネル・デュプリーというStaffの二人、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのアル・マッケイ、ポール・ジャクソン・ジュニア、カルロス・リオス、ハイラム・ブーロックなどですね。


 


この動画では16ビートのカッティングのコツを説明しています。参考に練習してみてください。


 


ちなみに、8ビート、16ビートっていう言葉は和製英語でして、日本でしか通用しませんので、ご注意を。


 


|

« ギター初心者へのワンポイントアドバイス キレの良い8ビートストロークのコツ | トップページ | ギター初心者へのワンポイントアドバイス チョーキングのコツ「ドアノブをひねるように」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギター初心者へのワンポイントアドバイス キレの良い8ビートストロークのコツ | トップページ | ギター初心者へのワンポイントアドバイス チョーキングのコツ「ドアノブをひねるように」 »