2018/03/20

本日の練習 サンバのギター伴奏 バチーダにバイシャリーアを織り交ぜて「Velho Ateu」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

ギターでリズムを刻むバチーダ奏法はボサノバでお馴染みですが、これに低音の対旋律的ベースライン、バイシャリーアを入れると、とたんにサンバらしくなります。

バイシャリーアを入れないサンバもありますけど、僕は古いカルトーラやネルソン・カヴァキーニョなどのサウンドが好きですし、サンバチームでサンバエンヘード(カーニバル用のサンバ)を弾く事もあるので、やっぱりバイシャリーアが入っていないと物足りない気がします。

動画の演奏、これだけ聴くと、コード進行の中の同じところで似たようなフレーズを弾いているだけのように見えますが、これはメロディを想定して弾いているわけで、曲を知っている人にはなるほどと思って貰えるのでは。

練習の時も常に全体のサウンドを意識して練習しないと、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/14

本日の練習 ショーロのギター伴奏「Vou Vivendo」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

coloのライブで大好評だったピシンギーニャの「Vou Vivendo」のギターパートをほぼそのまま弾いています。右手の改良の効果が出ていて、以前よりもだいぶリズムが安定しているしフレーズも滑らかになっています。こうやって練習の成果が分かるとさらにモチベーション上がりますね。


coloは鍵盤ハーモニカの長崎桜がパンデイロに転向したため、活動停止となっていますが、まあ、なにかあったらまたやるかもしれませんが、やらないかもな(笑)まあ、わかんないですが、ご興味ある方はCD「Escaleta e Violao」はネットで買えますので、こちらからどうぞ。

https://colorec.theshop.jp/items/9037467

今聴くと拙い点もありますが、あの時に二人が表現したかったことは表現出来ているかなと思います。リリース当時は「Music Magazine」「Latnina」「現代ギター」などの音楽誌でも評判良かったんですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/25

本日の練習 サンバのギター伴奏「Nao Deixe O Samba Morrer」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

アルシオーネの名唱で知られるサンバの名曲「Nao Deixe O Samba Morrer」の伴奏です。この手の曲を弾くとついついバイシャリーア(対旋律的なベースライン)を弾きまくりたくなっちゃいますが、歌の邪魔をしないようにポイントを押さえて入れたいですね。練習では録音してその伴奏で歌ってみて、歌いやすいかどうか確認します。

あと、Gmというキーは開放弦が使いづらいので、左手たいへんです(笑)なれないキーだとコードはともかく、バイシャリーアは同じには入れられませんから、色んなキーで普段から練習しておく必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/11

本日の練習 ショーロのギター伴奏「Um a Zero」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

ピシンギーニャ作の「1対0」(ウン・ア・ゼロ)は第3回サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)でブラジルが初優勝した時に作られた曲です。第1回、第2回の優勝はウルグアイ。そして第3回の決勝でブラジルは王者ウルグアイを撃破しての優勝で、国中が沸いたそうですよ。

ピシンギーニャ本人の録音も何種類かありますし、その後も多くのショーロ演奏家たちにカバーされています。ギタリストには、ハファエル・ハベーロとジノ・セッチコルダスとの師弟共演盤での超絶演奏がお薦めですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/08

本日の練習 サンバのギター伴奏「Pranto de Poeta」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

今日は来週の昭和歌謡ライブのリハをしたんですが、それはネタバレ禁止なのでアップするわけにはいきません。ので、いつものようにサンバの伴奏「詩人の涙」です。

ネルソン・カヴァキーニョ/ギリェルミ・ジ・ブリートのゴールデンコンビは数々の名曲を生み出しましたが、この「詩人の涙」はカルトーラのレコーディングで有名ですね。曲後に聞こえる「Obrigado Cartola」「Obrigado Nelson」の声は、日本のサンバ好きなみなさんも真似しますね(笑)

サンバのリズム、バイシャリーアを入れる場所、コード進行を綺麗に表現出来ているかなど、いろんなことを考え工夫しながら練習します。普段そういう事をしっかり考えながら練習して、本番では何にも考えずに演奏出来るよう準備しておくことが大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/02

本日の練習 ショーロのメロディと伴奏「Noites Cariocas」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

今日はショーロのメロディの練習。以前考えた運指をちょっと変更。ちょっとでもアクセントの位置がずれたりハンマリングやプリング、スライドのニュアンスなどで歌い方が変わってくる。それが音楽の面白いところだし、ずっと追求していかなければならない所ですね。もちろん伴奏も、飽きるまで練習して、飽きたら「どうやったらもっと面白くなるか」をまた考える。その繰り返しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/28

本日の練習 ボサノバの伴奏 ゆっくり音符の長さをしっかり感じながら「So Danco Samba」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

アントニオ・カルロス・ジョビンの「ソ・ダンソ・サンバ」。コード進行がシンプルなので、ボサノバ初心者にお薦めの曲ですが、実はブラジルのリズムをしっかり理解していないと心地良いグルーヴは出せないんです。

普通はもっとアップテンポで演奏されますが、あえてゆっくり、一つ一つの音を確認しながらしっかり練習します。16分音符の長さが均等になってしまうと、16ビートや倍テンポの8ビートみたいに聞こえてしまいます。そうならないように、しっかりサンバのリズムを意識しながら練習します。

細部に神経を行き渡らせてゆっくり練習する。これが心地良いリズムへの近道ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/26

本日の練習 ショーロの伴奏「Odeon」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

昨日に続いてショーロの伴奏練習です。曲はエルネスト・ナザレーの「オデオン」。ナザレーは正式な音楽教育を受けていないそうですが、素晴らしい楽曲をたくさん残しています。その多くはピアノ曲ですが、様々にアレンジされて現在ではショーロのスタンダードとなっています。

「Apanheite Cavaquinho」「Brejeiro」なども有名ですが、最も有名なのはこの「Odeon」でしょう。

3部構成のショーロの楽曲の多くは、AABBACCAという形式で演奏されます。このオデオンも普通はそうなんですが、長くなるので動画ではABCAとして演奏しています。もちろん練習の時は、何を目的にしての練習なのか、によって構成も弾き方も変わってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

本日の練習 ショーロの伴奏「Doce de Coco」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

最近ぜんぜんホーダ・ジョ・ショーロ(ショーロのセッション)に行っていなくて、バンド形式でショーロをしばらく演奏してないんですが、今日はジャコー・ド・バンドリンの「ドセ・ジ・ココ」の伴奏の練習を。

以前も動画をアップしていますが、以前に比べてリズムも音色も良くなっているはず。右手の爪の削り方や弦に当てる角度がかなり改良されていますからね。

タイトルはココナッツのお菓子という意味で、メロディも可愛い曲ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/22

東京は数年に一度の大雪/本日の練習 伴奏を歌う「Corra e Olha o Ceu」

ギター教室のお知らせはこちら
【山崎岳一ギター教室】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-e226.html

【自宅で便利に本格レッスン!】スカイプ/FBメッセンジャーを利用したオンラインレッスン
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/fb-8f56.html

【ライブスケジュール】はこちら
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/2012710-635a.html

【ライブなどの出演依頼、ミュージシャンの方の共演依頼について】
http://psansmusic.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-86cb.html
※現在ボサノバソロギター生BGM投げ銭ライブ実施店大募集中↑↑↑

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

東京は数年に一度の大雪で、会社もお店も早じまいが多かった様で。夜10時で蔵前はこんな感じで、まだ降り続いてます。これは明日の朝が大変だな〜。

Img_9417

で、本日の練習、題材はカルトーラの「Corra e Olha o Ceu」。同じバチーダを弾くのでも、曲によって、あるいは同じ曲の中でもメロディのラインや歌手の歌い方などによって変化を付けなければなりません。

歌に合わせて伴奏を歌うイメージ。右手の弾く位置や弦の弾き方を変えれば音色が変わります。アクセントの位置を変えたり、リズムの歌い方を変えたり、いくらでも工夫は出来るし、その場で即興で変化させるのもあり。

ただし、ギターだけで好き勝手やって良いわけがなく、あくまでも歌メロディに寄り添い邪魔をせず、歌と伴奏が融け合って一つの表現になるよう意識します。練習の時でも、歌や多のパートをイメージしながら練習すると良いですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧